Tiny Whoop

手のひらサイズのマイクロドローンであるTiny whoopのレビュー、比較、操作方法、テクニックなどをご紹介します。

スポンサーリンク
Tiny Whoop

軽量が魅力的!本格派2セルTinywhoop Beta75 Pro2レビュー飛行動画あり

100ドル以下で買える2セルブラシレスTinywhoopであるBeta75 Pro2をご紹介したいと思います。 このBeta75 Pro2の最大の特徴はなんと言ってもその軽さではないでしょうか! バッテリーなしの状態で28gという軽さです。 それでは、詳しくBeta75 Pro2をレビューしていきましょう!
Tiny Whoop

【Tiny whoop】Mobula7フレームを耐久性のあるV3に交換してみた

2セルTinywhoopとして人気のあるMobula7ですがフレームが脆いのが欠点。 Mobula7のフレームはV2,V3とアップグレード版がありますが、今回、V3のフレームに交換してみました。
Tiny Whoop

Tiny Whoopの購入方法まとめ!おすすめのプロポやゴーグルは?

Tiny Whoopを始めたいけど何をどうやって買えばいいんだろう?と初心者は悩むと思います。 Tiny Whoop含め、ドローン関連の購入方法(国内外)のおすすめをご紹介します。
Tiny Whoop

おすすめ2セル/3セル/4セルブラシレスTinywhoop/Cinewhoop

2セルのブラシレスTinywhoopが流行り始め、各メーカーとも続々と商品を投入してきてますね。 今回は、筆者が購入した2セル・ブラシレスTinywhoopや、そろそろ登場すると思っていた3セル・4セルのブラシレスTinywhoopや最近登場してきたCinewhoopなど気になっている商品をご紹介したいと思います。
Tiny Whoop

2セルブラシレスモーターTinywhoop Mobula7/Beta75X/TinyGT7購入するならどれ?

バッテリー2セルのブラシレスモーターTiny whoopが、ものすごい勢いで広がっていますね。 つい先日までバッテリー1セルのブラシレスモーターTiny whoopが脚光を浴びていたと思ったら、次は2セルのブラシレスモーターです。 今回2SブラシレスモーターTiny whoop購入を検討してみました。
Tiny Whoop

Tiny Whoopやドローンレースが上手くなる3つの練習方法

Tiny Whoopを楽しむ必要アイテムが揃ったら、まずは飛ばして遊んでみましょう。 ですが中々最初は上手く飛ばせないもの。そんなとき練習あるのみですが、ここでは個人や仲間で、また屋内外で楽しく練習する3つの方法をご紹介します。
Tiny Whoop

Betaflight設定をスマホでできるSpeedy Beeの使い方

一般的には、ベータフライトをパソコンにインストールし設定していきますが、本来はドローンを飛ばす現場でベータフライトで設定を微調整したいはず。そこで今回、パソコンでなくスマホでベータフライトの設定ができるという待っていました!という言葉しかでない、Speedy Beeというアプリをご紹介したいと思います。
Tiny Whoop

ブラシレスTiny whoop Betaシリーズ4機種比較/購入検討

BetaFPVが発売しているブラシレスTiny Whoop4機種(Beta65, Beta65X, Beta75, Beta75X)のどれかを買おうかと検討しています。せっかくなので調べた事を備忘録として残しておこうと思います。
Tiny Whoop

Tiny Whoop・レース用ドローンを道具箱/収納ボックスでスッキリ整理整頓

レース用ドローンやTinyWhoopを初め、ドローンを趣味に持ち続けていると、ドローン用品がドンドン増えていき収集がつかなくなっているなんてことはないでしょうか? ご多分に漏れず、私自身もその口でして常々、嫁からはこの散らかっている場所をどうにかしてくれ!とドローンの作業場を見ては小言を言われております。 何とかこの状況を打開しようと先日、ドローンの道具箱を購入しまして今のところ結構気に入っております。 今日は、そのドローンの道具箱をレビューがてら、ご紹介しようと思います。
Tiny Whoop

世界中とタイムトライアルできる!Tiny whoopシュミレーターRotor Rush

ご存知の方も多いかもしれませんが、Tiny whoopシュミレーターに、Rotor Rushというものがあります。 今回はこれをご紹介したいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました