コロナに負けるな!家で子供が夢中に遊べるオススメ小型ドローン

室内で遊べる子供向け小型ドローン 室内ドローン
【自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール】

【Banggoodドローン関連の最新クーポン】

banggoodクーポン

Pocket

スポンサーリンク

コロナに負けるな!家で子供が夢中に遊べるオススメ小型ドローン

スポンサーリンク

新型コロナの影響で家の中にこもりきりという人たちも多いのではないでしょうか?

学校も休みで子供達は、ずーっと家にいるし、兄弟げんかが絶えず、勉強しても集中できない。。

テレワークでそんな子供たちの状況が手に取るように見えるので親御さんもイライラ。。

この状況をどうにか解決できないだろうか?

家の中で子供たちと楽しく過ごせないだろうか?

と途方に暮れている親御さんも多いと聞きます。(私自身もそうです。。)

そんな方々のために我が家でやっている、家の中でも子供達が夢中になって遊べるドローン遊びについてご紹介したいと思います。

子供達が、ドローンという空飛ぶ最新技術に触れることができますし、ゲーム的要素もあるので子供達が楽しく集中してくれます。

家の中でも子供に安全安心な小型ドローン

Eachine UZ65とMobula6の外観

ドローンというと、家の外で飛ばすもので音がうるさく、危ないというイメージがないでしょうか?

今回ご紹介するマイクロドローンは、それら全てが該当せず、家の中で飛ばせる、音もうるさくない、プロペラがボディで覆われているため子供達にも安全・安心です。

マイクロドローンと言われるだけに小型で手のひらサイズなので子供にも扱いやすいのも特徴です。

各メーカーから売られているマイクロドローンは、値段的にも機能的にも大きな差がないので、後は品質だったり、信頼できるメーカーかどうかがドローン選びのポイントになります。

しかし最近ではマイクロドローンの人気で各メーカーから色んな機体が売られているため、どれを選んだらよいか迷ってしまうという声をよく聞きます。

以下は数あるドローンメーカーの中から子供向けマイクロドローンとして選んだ私のオススメになります。

どれも日本でドローンを飛ばすために必要な技適を取得した機種になります。

Holy Stone HS210

最初にご紹介するのはHoly Stone社のドローンは、Holy Stone HS210です。

このHoly Stone社のマイクロドローンの中では優秀ですし、入門者向けとしては良いと思います。

アマゾンや楽天でも買えてポイントも付きますし。

価格は安いですが、おそらくドローンをやったことのない方だと、その性能にびっくりすると思います。

詳しい機能は後述しますが、何といってもホバリングなど安定して飛んでくれるんです。

それではこのHoly Stone HS210の特徴を見ていきましょう。

オートホバリング機能

気圧センサーによる高度維持機能で、その場で飛んだ状態で停止してくれるホバリング飛行が誰でも簡単にできます。

抜群な安定性

最新の6軸ジャイロ飛行制御システムで、安定した飛行を簡単に実現できます。

フライト時間最大20分

一つのバッテリーで約6~7分飛行可能です。これは他社のマイクロドローンと比較しても十分競争力ある飛行時間です。

全部でバッテリー3個付いているので、合わせて最大飛行時間20分です。

360度宙返りフリップ可能

重量わずか21gと軽く360度宙返りするフリップが可能です。

どうやら子供達は360度フリップといったアクロバティックな動きに興味があるらしく、何度もフリップさせていました。

以下は、360度フリップ含めてHoly Stone HS210の紹介動画になります。

Holy Stone HS210Pro

続いてご紹介するHoly Stone HS210Proは、上記のHoly Stone HS210の高機能版マイクロドローンになります。

値段はHoly Stone HS210より高くなりますが、何といってもカメラが付いて動画や写真を録ることできるというのがうれしいところです。

録画したものを子供たちとすぐに観るなんていうのもちょっとした暇つぶしになるのではないでしょうか?

それではこのHoly Stone HS210Proの特徴を見ていきましょう。

写真・動画を撮影可能

高解像の動画と写真(1280×720)をスマホに記録できます。

リアルタイム映像

スマホに専用の無料アプリをインストールして、Holy Stone HS210Proと繋げ、ドローンに付いているカメラで撮った映像をスマホ画面でリアルタイムにて見ることができます。

以下は専用アプリです。

iPhoneであればApp Storeで検索すれば見つかります。

Holy Stone HS210Proアプリ

アプリとHoly Stone HS210ProはWifiでスマホと繋げるのですがやり方も付属の日本語マニュアルに分かりやすく説明されていたので全く問題なかったです。

フライト時間最大20分

一つのバッテリーで約6~7分飛行可能で、Holy Stone HS210と同様です。

全部でバッテリー3個付いているので、合わせて最大飛行時間20分です。

収納ケース付き

ドローンとコントローラーを一緒に収納できる収納ケースが付属されているので整理整頓も問題なし。

ちょっとしたお出かけにも携帯できます。

高度維持&ワンキー離陸/着陸

コントローラーの簡単操作で自動離着陸、ホバリングが可能です。緊急停止もできます。ドローンの操作は簡単です。

体感操作モード&軌跡飛行モード&ジェスチャー撮影

これがおすすめな機能です。

アプリで機体を操作する場合、スマホの傾きによりドローンの飛行方向をコントローラーできる体感操作モード。アプリの操作画面に、指一本で機体の飛行ルートを計画できる軌跡飛行モード。手のジェスチャーで写真と動画を撮るジェスチャー撮影も可能です。

こういった最新技術をお子さんに体験させることができるのも利点の一つですね。

詳しい内容は以下のHoly Stone HS210Pro紹介動画を参考にしてみてください。

家で小型ドローンを使った子供との遊び方

子供と一緒に自作コースでタイムを競争

我が家で一番子供が喜んでいたのが以下のようなドローン用ゲートを使って家の中でコースを自作し、そのコースでタイムを競争するというものでした。

ドローン用ゲートには天井からつるせるものや、床や机の上に置くタイプなど様々で、それらのゲートを駆使して子供と色んなコースを作るのも楽しいです。

コースは家にあるものを使って工夫して作るのでも良いでしょう。

最初は1台のドローンを交代で使い、楽しかったらもう一台購入し、大人と子供で一台ずつ飛ばし、コースを競争するなんていうのも楽しいです。

実際にそういったレースは世界各地で行われています。

写真や動画をドローンで撮影しスマホで鑑賞

今はスマホで簡単に写真や動画を撮影し、鑑賞することはできますが、これをドローンでやるとまたいつもと違った映像が撮れて楽しいです。

上記でご紹介したHoly Stone HS210Proならカメラが付いているのでこれができます。

例えば今まで見えなかった屋根の上などを撮影してみたり、家の中から一度、外に出て、再度窓から入ってくるなんていう動画を撮るのも楽しいですよ。

もちろん、スマホでリアルタイムにドローンから送られてくる映像を見ながら、うまく障害物を回避しながらドローンを飛ばすことができると子供は非常に喜んでくれます。

何を隠そう、我が家で一番子供が喜んでいたのがドローンのカメラで撮影した映像をスマホで確認することでした。

カメラでの撮影は、先ほどご紹介したHoly Stone HS210Proの専用アプリを使ってワンタップで可能です。

もし外でHoly Stone HS210Proを飛ばす場合は風に注意しましょう。

マイクロドローンは非常に軽量なので、風に弱いです。

子供が家で小型ドローンで遊ぶ際の注意点

最初、子供達も慣れていないと室内のいたるところにドローンをぶつけてしまいます。

するとプロペラが壊れたり、ボディが壊れたりするわけです。

なので少なくともよく壊れるプロペラはスペアを購入しておくと、壊れてもプロペラの到着を待つ必要もありません。

また、ドローンに夢中になってくると必ずと言っていいほどバッテリーが足りなくなってきます。

Holy Stone HS210Proなどは最初に3つのバッテリーが付いてきますが、充電時間を考えるともう3つぐらいあると便利でしょう。

以下は、Holy Stone HS210とHoly Stone HS210Proの両方に使えるとバッテリー充電器のセットです。

バッテリーが増えた分、充電器も必要です。

その他の家で子供と楽しめるドローン遊び

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?

今回は外出規制の中でも子供たちにドローンという最新技術に興味を持って楽しく過ごせるためのマイクロドローンを2つご紹介させていただきました。

その他のドローンを使って家で子供と一緒に楽しく遊べる方法としておススメなのが、①ドローンゲーム(ドローンシュミレーター)や、②ドローンプログラミングです。

ドローンゲームについては有名なVelocidroneがおすすめで以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

ドローンゲームを楽しむためには別途コントローラーが必要ですが、オンラインで世界中のドローンファンとタイムトライアルもでき、ランキングが決まります。

ドローンゲームはほぼ海外のものなんですが、日本人もかなり参戦しており切磋琢磨できると思います。

また自分でコースを作成し、世界に発信できるのでそういった楽しみもあるでしょう。

ドローンプログラミングについては以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

今後小学校にはプログラミング授業が必須になってくるので小学低学年からも楽しめるビジュアルプログラミングでドローンがどのように動くかを理解することは今後必要とされる人財になるためにも今だからこそ遊びながら身に付けることをオススメいたします。

子供向けのプログラミングおすすめ本は以下です。

うちは以下の本をリビングにおいておくだけで子供たちが隙間時間に手を取って読んでいます。

その結果、小学校の娘がiPadでスクラッチを楽しんでいます。コロナ騒ぎがおさまったらプログラミング教室に通わせたいなと思っています。

今後も家の中でも楽しめるドローン関連の情報を発信していこうと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました