おすすめマイクロドローンEMAX Tinyhawk II RACEレビュー

EMAX Tinyhawk II RACEのクーポン Tiny Whoop
Pocket

スポンサーリンク

おすすめマイクロドローンEMAX Tinyhawk II RACEレビュー

EmaxからToothpickタイプのマイクロドローン「EMAX Tinyhawk Ⅱ Race」が発売されました。

また5月は、EMAX Tinyhawk Ⅱ Raceの格安クーポンが発行されています。

かなりお買い得ですが数量限定のためお早めにどうぞ!

クーポンコード:BGJPETGR78(5/31迄)

クーポン適用後:$97.94

クーポン適用前:$114.99

クーポンコードや使い方や、その他のクーポンについては以下を参照して下さい。

また、Toothpickドローンについてご存じない方は、こちらの記事を参考にしていただければ幸いです。

こEMAX Tinyhawk Ⅱ Raceですが、今までのEMAXシリーズであるEMAX Tinyhawk ⅡEMAX Tinyhawk Freestyleのそれぞれの良いとこ取りをした商品になっています。

カメラはより視認性を重視してRunCam Nano 2が採用され、モーターは7500kvモーター、2インチAVAN Blurプロペラを搭載し、プロポ操作に対して機敏に反応してくれます。

最高速度は時速約80km、飛行時間はカタログ値で最大7分とのことなので他のTiny whoopと比べ飛行時間が長く、十分楽しませてくれる機体となっています。

それではEMAX Tinyhawk Ⅱ Raceのシリーズ比較や詳細レビューをご紹介したいと思います。

EMAX Tinyhawkシリーズ比較

以下にEMAX Tinyhawkシリーズについて、価格とともに主要なスペックを比較してみました。

これを見ると違いは、サイズやモーターやVTXカメラで、EMAX Tinyhawk Ⅱ RaceやEMAX Tinyhawk ⅡのVTXカメラが RunCam Nano 2なのに対し、FreestyleだけVTXカメラが600TVL CMOSでVTX出力も25mwと低く抑えられています。

EMAX Tinyhawk Ⅱ RaceEMAX Tinyhawk ⅡEMAX Tinyhawk Freestyle
サイズ(ホイールベース)90mm75mm115mm
重量
(バッテリーなし)
47.5g31.2g46g
モーター1103 7500kv0802 16000kv1103 7000kv
FCF4 (MATEKF411RX Firmware)
カメラRunCam Nano 2600TVL CMOS
VTX25/100/200mw25mw
受信機EMAX SPI Receiver (Compatible with FrSky D8 mode)
バッテリー1S or 2S
価格約12691円約12630円約11588円

EMAX Tinyhawk II RACEのパッケージ内容

EMAX Tinyhawk II RACEには以下のものがパッケージされています。

  1. EMAX Tinyhawk II RACE機体
  2. 1s 450mAhバッテリー2個
  3. 1S USB バッテリー充電器1個
  4. ドライバー1個
  5. EMAXバック1個

EMAX Tinyhawk II RACE詳細レビュー

EMAX Tinyhawk II RACEの構造

EMAX Tinyhawk II RACEの構造は以下のようになっています。

EMAX Tinyhawk II RACEの外観

次にEMAX Tinyhawk IIの外観や各部品を見ていきましょう。

【外観】

EMAX Tinyhawk II RACEの外観

 

【カメラ】

カメラであるRunCam Nano 2は以下のように角度を調節可能です。

EMAX Tinyhawk II RACEのカメラ角度調節

【USBポート】

カメラを前に倒すとUSBポートがあります。

EMAX Tinyhawk II RACEのUSBポート

【モーター】

モーターは1103 7500kvを採用。

EMAX Tinyhawk II RACEのモーター

また、EMAX Tinyhawk II RACEのモーターは他のTiny whoopのようにプラグで接続されているのではなく半田付けされています。

EMAX Tinyhawk II RACEのモーターは半田付けされている

【プロペラ】

Emax AVAN Blur 2インチが採用されています。

今まで使用したことがないプロペラですが、形状を見ると良く飛びそうな予感!

EMAX Tinyhawk II RACEのプロペラ

【バッテリー搭載】

バッテリーは横向きで搭載します。

EMAX Tinyhawk II RACEの動画レビュー

そのうち私自身の飛行動画も掲載したいと思いますが、まずは人気Youtuber Drone Campsさんのレビュー動画をどうぞ。

【更新】

EMAX Tinyhawk2 Raceのテスト飛行を行ってきました。

下手くそですが視聴頂けると嬉しいです。

EMAX Tinyhawk II RACE用プロペラ

私の場合、まだまだドローン飛ばすのが下手くそなので事前にスペアパーツは持っておきたいもの。

プロペラのEmax AVAN Blur 2インチは予備が付いていないようなのでEMAX Tinyhawk II RACEと同時に買っておきました。

EMAX Tinyhawk II RACE用バッテリー

バッテリーも1S 450mahのものが2本付いていますが、今後のことも考えて予備を購入したほうが良いでしょう。

BanggoodでEmaxの1S  450mahリポバッテリーを購入しても良いですが、アマゾンでも以下のバッテリーが安く売っているので、これでも良いかと思います。

アマゾンだと早く届きますし、ポイントも付くので嬉しいです。

早速アマゾンでバッテリー購入してみました。

こんな感じで届きます。

EMAX Tinyhawk II RACE用バッテリー

注文して1週間も経たないうちに届きました。さすが安定のアマゾンさん。

EMAX Tinyhawk II RACEの修理

EMAX Tinyhawk II RACEのフレームは強い方だと思いますが、Toothpick(つまようじ)というジャンルのドローンだけに軽量さを求めるあまりフレームは細いです。

私も先日、アクロモードで飛ばしていて無茶し過ぎてフレームを折ってしまいました。

すぐさまお馴染みBanggoodでフレームと、ついでにペラも注文し着弾。

無事、フレーム交換できました!

EMAX Tinyhawk II RACEのフレーム交換

ということで、飛ばし易く末長く楽しませてくれるドローンなので最初から予備のフレームとペラは買っておいた方が良いでしょう。

その方が送料的にも節約できますし。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、EMAX Tinyhawkシリーズの現時点での最高峰に位置づけられるEMAX Tinyhawk Ⅱ Raceをご紹介しました。

★★★★あなたの1票がブログ更新の励みになります★★★★

この記事が気に入っていただけたらブログランキングに投票頂けるとブログ更新の励みになります(^^♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村


ドローンランキング

本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

ドローン開発者に必要なプログラミングスキルあります
AI プログラミング 6ヶ月長期コース ~ 最短でAIの最先端へ

受講者(20代後半~40代)の多くが専門実践教育訓練給付金制度を使用して、実質70%オフで受講可能。Python、数学の基礎から、環境構築、AIアプリケーション開発まで一気通貫で行います。オンデマンドの講義 + プロの講師に質問し放題、定期的なメンタリング付き。すべてオンラインなので全国どこからでも参加可能です。

無料テキストで基礎から学べる

Python含め15種類のプログラミングが無料で体験可能です。就職サポートも有り「初心者向けのコース」が充実しています。オンラインで全国どこからでも受講できる初心者向けのスクールです。

時代はAI!Python特化型プログラミングスクール

Pythonコースで人工知能や機械学習といった最先端の分野を重点的に学習することが可能。6ヶ月間の密度の濃いカリキュラムにより、本気でやりたい方が世の中に必要な人材として成長ができる。

Tiny Whoop
スポンサーリンク
FPV Takaをフォローする
マイクロドローン・レース用ドローン・空撮の楽しさを感じるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました