【2020年版】4K撮影できるマイクロドローン(Cinewhoop)おすすめ10選

4K撮影できるマイクロドローンおすすめ10選 CineWhoop
【自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール】

【Banggoodドローン関連の最新クーポン】

banggoodクーポン

Pocket

スポンサーリンク

4K撮影できるマイクロドローンおすすめ

この記事は以下の人におすすめです。

・マイクロドローンで綺麗な撮影をしたい
・綺麗に撮影できるマイクロドローンを買いたいがどれを買えばよいか分からない
・綺麗に撮影できるマイクロドローンにどんな種類があるか知りたい
・マイクロドローンに搭載されている4Kカメラを知りたい

手のひらサイズの小型なマイクロドローンを使って綺麗な動画を撮影したいと思う人が増えてきています。

もともとDJI製のドローンでは4K撮影は当たり前のものになっていますが、DJI製ドローンの場合、大きさがあるがゆえに身近な身の回りで気軽に飛ばすことは難しいです。

騒音もありますし、危険度も上がり、日本のドローン規制に引っかかってしまうためです。

そこでドローン規制対象外になる200g未満の重さのマイクロドローンを使って綺麗な動画を撮影したいというニーズが高まっているというわけです。

ここ最近はマイクロドローンにも4Kカメラが搭載されますます綺麗な動画を撮影できるようになりました。

ドローンユーザの中では、こういったマイクロドローンをCinewhoopと呼ばれたりもしています。

Tinywhoopがマイクロドローンの意味で使われ、それで映画のようなCinematicな映像が撮影できるということでTinywhoopとCinematicを合わせてCinewhoopとなったようです。

このCinewhoopですが様々なメーカーから色んな機種が出ているためどれを買えば良いか分からないというご質問を多くいただきます。

そこで今回は、4K撮影できるマイクロドローン(Cinewhoop)に絞って、各機種の性能も見ていきながらおすすめ機種をご紹介したいと思います。

皆様のCinewhoop選びの一助になりましたら幸いです。

種類豊富なGEPRCの4K撮影できるマイクロドローン

CineQueen 4K マイクロドローン

まず注目しておきたいのがGEPRCというメーカーのCineQueen 4Kでしょう。

後述しますがGEPRCは様々な種類の4K撮影できるマイクロドローンを出しています。

その中でもCineQueen 4Kをおすすめする海外Youtuberも多いです。

CineQueen 4Kには搭載されている4Kカメラの違いで2種類あります。

見た目は一緒ですが、カメラ部をよく見ると違いが分かります。

CineQueen 4K(Runcam Hybrid 4Kバージョン)

Cinequeen

CineQueen 4K(Runcam Hybrid 4K)のBanggood売り場へ

Cinequeen 4K(Caddx Tarsier 4Kバージョン)

Cinequeen 4k(Caddx Tarsier 4k)

CineQueen 4K(Caddx Tarsier 4K)のBanggood売り場へ

CineQueen 4Kのカメラ別の仕様

以下がその4Kカメラの違いによるCineQueen 4Kの主な仕様になります。

4Kカメラ以外は性能はいっしょで4Kカメラの違いにより価格に違いがあります。

私自身、両方持っていないので確かなことは言えませんが、海外Youtuber曰く、Rumcam Hybrid 4Kの方が良いといっていました。

私自身もCaddx Tarsier 4Kのカメラはいくつか持っているのですが、アプリで操作できるなど使いやすいのですが、以前、はんだ付けしなおしたら映らなくなった経験があるので私もRumcam Hybrid 4Kをおすすめしたいと思います。

CineQueen 4K(Runcam Hybrid 4K)CineQueen 4K(Caddx Tarsier 4K)
ブランド名GEPRC
価格約27000円約29000円
サイズホイールベース145mm(3インチ)
重量(バッテリー無し)156g
 モーターGEP-GR1206 3600KV
プロペラ3インチ 3ブレード
フライトコントローラーSTABLE V2 F4
ESCSTABLE V2 F4 ESC 4in1
 受信機Frsky XM+ /  Frsky R-XSR / TBS NanoRX / FlySky A8SV2
VTX5.8G 500mW
カメラRuncam Hybrid 4KCaddx Tarsier V2 4K
バッテリー3-4セル(4セル 650mAh – 4セル 850mAh)
スポンサーリンク

CinePro 4K マイクロドローン

続いてご紹介するのが同じくGEPRCから出ているCinePro 4Kという4K撮影できるマイクロドローンです。

このCinePro 4KはフライトコントローラーがF4とF7のもの2種類あり選ぶことができるのが大きな特徴です。

以下の画像を見て頂くと分かりますが見た目は全く一緒です。

F4のタイプをBasicバージョン、F7タイプをAdvancedバージョンと位置付けているようです。

搭載されている4KカメラはどちらもCaddx Tarsier V2 4Kと同じになっています。

CinePro 4KとCineQueen 4Kの主な違い

CinePro 4KとCineQueen 4Kの主な違いは、なんといっても大きさです。

CinePro 4Kが2インチなのに対し、CineQueen 4Kは3インチです。

またフライトコントローラーについてもCinePro 4KはF7が選べますが、CineQueen 4KはF4のみです。

現在のドローンのフライトコントローラーのほとんどがF4なのに対し、最新のF7を使えるというのは魅力的でしょう。

あとは、CinePro 4Kは重量もかなり軽いのがウリです。

ただ軽いがゆえに風には弱くなるので撮影する場所によってはCineQueen 4Kが有利だったりします。

CinePro 4K(F7バージョン)

CinePro 4K(F7バージョン)

CinePro 4K(F7バージョン)のBanggood売り場へ

CinePro 4K(F4バージョン)

CinePro 4K(F4バージョン)

CinePro 4K(F4バージョン)のBanggood売り場へ

CinePro 4Kのフライトコントローラー別の仕様

以下がフライトコントローラーの違いによるCinePro 4Kの主な仕様になります。

CinePro 4K(F7バージョン)CinePro 4K(F4バージョン)
ブランド名GEPRC
価格約32000円約27000円
サイズ2インチ
重量(バッテリー無し)125g
 モーターGEP-GR1105 5000KV(4セルバッテリーがベスト)
プロペラ2インチ 3ブレード
フライトコントローラーSTABLE PRO F722 DUAL BL32 35ASTABLE V2 F405
ESCESC BLheli_322-6S 4in1STABLE V2 F4 ESC 2-5S 4in1
 受信機DSMX/DSM2 / FS-A8S V2 /Frsky XM+ /  Frsky R-XSR / FrSky R9MM /TBS NanoRX
VTX5.8G 500mW
カメラCaddx Tarsier 4K 1200TVL
バッテリー3-4セル(4セル 650mAh – 4セル 850mAh)

CineStyle 4K マイクロドローン

CineStyle 4Kは1種類しかなくフライトコントローラーがF7です。

個人的にはペラにダクトが付いていないデザインが好きなのでCibeStyle 4Kはお気に入りです。

CineStyle

CineStyle 4kの主な仕様は主な以下です。

CineStyle 4K
ブランド名GEPRC
価格約33000円
サイズホイールベース144mm
重量(バッテリー無し)163g
 モーターGeprc GR1507 3600KV
プロペラ3インチ 3ブレード
フライトコントローラーStable Pro F7 Stack-Dual Gyro F7
ESCESC 35A BLheli_32 4in1 ESC
 受信機Frsky XM+ / Frsky R-XSR / TBS Nano SE
VTX5.8G 48CH 500mW VTX
カメラCaddx Tarsier 4K 1200TVL
バッテリー4セル 650mAh – 850mAhがおすすめ

CineStyle 4KのBanggood売り場へ

CineKing 4K 2インチ マイクロドローン

GEPRCの最後にご紹介するのがCineKing 4Kです。

GEPRCだけでどれだけ4K撮影可能なマイクロドローンがあるんだ?という感じですが、CineKingには4Kカメラとモーターの違いで、なんと3種類のバージョンがあります。

2種類の4Kカメラとは、CineQueen 4Kと同様に1つはRuncam Hybrid 4K、もう一つはCaddx Tarsier 4Kです。

Caddx Tarsier 4Kのものには2種類のモーターがあり、2セル用のGEP-GR1105 5000KVと3セル用の
GEP-GR1103 8000KVです。

CineKing 4K(Runcam Hybrid)

CineKing 4K(Runcam Hybrid)

CineKing 4K(Runcam Hybrid)のBanggood売り場へ

CineKing 4K(Caddx Tarsier/3セルバージョン)

GEPRC CineKing 4K

CineKing 4K(Caddx Tarsier/3セルバージョン)のBanggood売り場へ

CineKing 4K(Caddx Tarsier/2セルバージョン)

GEPRC CineKing 4K

CineKing 4K(Caddx Tarsier/2セルバージョン)のBanggood売り場へ

CineKing 4Kのカメラ別の仕様

以下がその4Kカメラの違いによるCineKing 4Kの主な仕様になります。

CineKing 4K(Runcam Hybrid)CineKing 4K(Caddx Tarsier/3S-4S)CineKing 4K(Caddx Tarsier/2S)
ブランド名GEPRC
価格約28000円約25400円約25000円
サイズ2インチ
重量(バッテリー無し)99g88g
 モーターGEP-GR1105 5000KVGEP-GR1103 8000KV
プロペラ2インチ 3ブレード ⇐
フライトコントローラーSTABLE F411
ESCSTABLE F411 BLheli_S 4IN1 12A ESC
 受信機Frsky XM+/ Frsky R-XSR/
TBS Nano SE/FlySky
Frsky XM+/ Frsky R-XSR/ Frsky R9mm/
TBS Nano SE/DSMX/Futaba/FlySky
VTX5.8G 200mW
カメラRunCam Hybrid 4KCaddx Tarsier 4K 1200TVL
バッテリー3-4S 450-550mAh2S 650mAh Battery
スポンサーリンク

iFlightの4K撮影できるマイクロドローン

GEPRCの次におすすめなのはiFlightというメーカーから出ているiFlight Cinebee Hybrid 4KとiFlight Cinebee 4Kです。

iFlight Cinebee Hybrid 4K マイクロドローン

iFlight Cinebee Hybrid 4K

iFlight Cinebee HybridのBanggood売り場へ

iFlight Cinebee 4K マイクロドローン

iFlight Cinebee 4K

iFlight Cinebee 4KのBanggood売り場へ

iFlight Cinebee Hybrid 4KとiFlight Cinebee 4Kの仕様比較

iFlight Cinebee Hybrid 4KiFlight Cinebee 4K
ブランド名iFlight
価格約28500円約24000円
サイズホイールベース75mmホイールベース107mm
重量(バッテリー無し)73.4g106g
 モーターiFlight XING 1103 8000KViFlight 1104 8300KV
プロペラインチ 3ブレード2インチ3ブレード
フライトコントローラーSucceX Micro F4 16×16 Tower 2-4S
ESCMicro 12A BLheli_S 4in1 ESC
 受信機Frsky XM+Frsky XM+/ Frsky R-XSR/TBS Crossfire Nano RX w/ T Type Anetanna
VTXVTX 200mW
カメラRuncam Hybrid 4KCaddx Tarsier 4K 1200TVL
バッテリー2セル 450mAh / 3S 450mAhがおすすめ2~3セル 300mAh-600mAhがおすすめ

4K撮影できるおすすめマイクロドローン10選の仕様を徹底比較

今回ご紹介した4K撮影できる10個のマイクロドローンの仕様を徹底比較してみました。

かなりボリュームある表になってしまいましたが、一生懸命作りましたので(笑)参考にして頂けると幸いです。

表は右にスクロールできるようになっております。

GEPRCiFlight
CineQueen 4K(Runcam Hybrid 4K)CineQueen 4K(Caddx Tarsier 4K)CinePro 4K(F7バージョン)CinePro 4K(F4バージョン)CineStyle 4KCineKing 4K(Runcam Hybrid)CineKing 4K(Caddx Tarsier/3S-4S)CineKing 4K(Caddx Tarsier/2S)iFlight Cinebee Hybrid 4KiFlight Cinebee 4K
 CinequeenCinequeen 4k(Caddx Tarsier 4k)CinePro 4K(F7バージョン)CinePro 4K(F4バージョン)CineStyleCineKing 4K(Runcam Hybrid)GEPRC CineKing 4KGEPRC CineKing 4KiFlight Cinebee Hybrid 4KiFlight Cinebee 4K
ブランド名GEPRCGEPRCGEPRCGEPRCiFlight
価格約27000円約29000円約32000円約27000円約33000円約28000円約25400円約25000円約28500円約24000円
サイズホイールベース145mm(3インチ)2インチホイールベース144mm2インチホイールベース75mmホイールベース107mm
重量(バッテリー無し)156g125g163g99g88g73.4g106g
 モーターGEP-GR1206 3600KVGEP-GR1105 5000KV(4セルバッテリーがベスト)Geprc GR1507 3600KVGEP-GR1105 5000KVGEP-GR1103 8000KViFlight XING 1103 8000KViFlight 1104 8300KV
プロペラ3インチ 3ブレード2インチ 3ブレード3インチ 3ブレード2インチ 3ブレード ⇐インチ 3ブレード2インチ3ブレード
フライトコントローラーSTABLE V2 F4STABLE PRO F722 DUAL BL32 35ASTABLE V2 F405Stable Pro F7 Stack-Dual Gyro F7STABLE F411SucceX Micro F4 16×16 Tower 2-4S
ESCSTABLE V2 F4 ESC 4in1ESC BLheli_322-6S 4in1STABLE V2 F4 ESC 2-5S 4in1ESC 35A BLheli_32 4in1 ESCSTABLE F411 BLheli_S 4IN1 12A ESCMicro 12A BLheli_S 4in1 ESC
 受信機Frsky XM+ /  Frsky R-XSR /
TBS NanoRX / FlySky A8SV2
DSMX/DSM2 / FS-A8S V2 /Frsky XM+ /
Frsky R-XSR / FrSky R9MM /TBS NanoRX
Frsky XM+ / Frsky R-XSR / TBS Nano SEFrsky XM+/ Frsky R-XSR/
TBS Nano SE/FlySky
Frsky XM+/ Frsky R-XSR/ Frsky R9mm/
TBS Nano SE/DSMX/Futaba/FlySky
Frsky XM+Frsky XM+/ Frsky R-XSR/
TBS Crossfire Nano RX w/ T Type Anetanna
VTX5.8G 500mW5.8G 500mW5.8G 48CH 500mW VTX5.8G 200mWVTX 200mW
カメラRuncam Hybrid 4KCaddx Tarsier V2 4KCaddx Tarsier 4K 1200TVLCaddx Tarsier 4K 1200TVLRunCam Hybrid 4KCaddx Tarsier 4K 1200TVLRuncam Hybrid 4KCaddx Tarsier 4K 1200TVL
バッテリー3-4セル(4セル 650mAh – 4セル 850mAh)3-4セル(4セル 650mAh – 4セル 850mAh)4セル 650mAh – 850mAhがおすすめ3-4S 450-550mAh2S 650mAh Battery2セル 450mAh / 3S 450mAhがおすすめ2~3セル 300mAh-600mAhがおすすめ

マイクロドローン用おすすめ4Kカメラの仕様を比較

今までご紹介してきた4K撮影できるマイクロドローンたちは、そのほとんどがRuncam Hybrid 4KもしくはCaddx Tarsier 4Kという4Kカメラが搭載されていました。

折角ですので、その2つの4Kカメラと更にCaddx Loris4Kの仕様も比較しておこうと思います。

この3つの中ではCaddx Loris4Kが最も新しい機種になります。

Caddx Loris 4KCaddx Tarsier 4KRuncam Hybrid 4K
画像Caddx Loris 4KCaddx Tarsier 4KRuncam Hybrid 4K
ブランド名Caddx FPVCaddx FPVRunCam
価格 約8800円約10300円約11500円
FOV165°150°(16/9), 165°(4/3)150°(4/3)
重量10g18g
解像度4K/60fps4K/30fps
スポンサーリンク

またCaddx Loris 4Kカメラが搭載されたマイクロドローンは以下にまとめてみました。

マイクロドローンを飛ばすにはFPVゴーグルが便利

マイクロドローンを遠くまで飛ばすには目視だと限界があります。

そこで登場するのがFPVゴーグルです。

マイクロドローンに搭載されているカメラ(4Kカメラ含む)から送られてくる映像をこのFPVゴーグルで見る事で数百メートル離れてもマイクロドローンを飛ばす事ができます。

おすすめのFPVゴーグルについては以下の記事を参考にして頂けると幸いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は特に最近元気のあるGEPRCとiFlightという2つのブランドの中から4K撮影できるマイクロドローン(Cinewhoop)のオススメをご紹介しました。

カメラを4Kにすれば良い映像が撮れるというわけではなく、撮影する場所によってマイクロドローンを選ぶ必要があります。

例えば風があるところだと小型で軽い機体だと風に流され、カメラが良くても良い映像が撮れません。

そうなるとある程度重量があったほうが良いです。

ということで、私はCineQueen 4Kがおすすめです。

 

★★★★あなたの1票がブログ更新の励みになります★★★★

この記事が気に入っていただけたらブログランキングに投票頂けるとブログ更新の励みになります(^^♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村


ドローンランキング

本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

CineWhoop
スポンサーリンク
FPV Takaをフォローする
マイクロドローン・レース用ドローン・空撮の楽しさを感じるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました