TinyWhoopをバッテリーでアップグレード

バッテリー

バッテリーを高性能化することでTinyWhoopをアップグレードする方法をご紹介したいと思います。


電池の性能の表記は色々とあり、今回ご紹介する方法以外にも高性能なバッテリーを使う方法はあります。

今回ご紹介する方法は手っ取り早く高性能なバッテリーを使うことになります。
まず、以下の写真をご覧下さい。

2種類のバッテリーの違い

二つの異なるバッテリーが見えると思います。

注目してもらいたいのが、バッテリーから出ているコネクター(白いプラスチック部)の大きさです。

左のバッテリーから出ているコネクターの方が大きいと思います。

左がph2.0、右がph1.25と呼ばれる規格です。

数字が大きいほうが電流を多く流せるので、
コネクタをph2.0に、バッテリーもph2.0用に変えることで多く電流を流せ、パワーも出る
=TinyWhoopの高性能化につながります。

ただし、電流を多く流せる分、電池のもちは悪くなるので、飛行時間が短くなってしまいます。

そのあたりは二律背反するので、バランスを見ながら決めましょう。

Eachineは最初からph2.0ですが、Inductrixのデフォルトはph1.25なので、このInductrixのコネクタとバッテリーをph2.0用に変更することで、パワーが出るInductrixにアップグレードすることができます。

コネクタをph2.0に変える方法は、コネクタを購入後、フライトコントローラー(FC)から出ているコネクタと交換をします。

その他、バッテリーは重さもTinyWhoopに大きく影響するので、ここも気をつけるポイントです。

電気自動車もそうですが、やはりバッテリー次第で車だけでなくTinyWhoopの性能も左右するということですね。

★★★★あなたの1票がブログ更新の励みになります★★★★

この記事が気に入っていただけたらブログランキングに投票頂けるとブログ更新の励みになります(^^♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村


ドローンランキング

本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

ドローン開発者に必要なプログラミングスキルあります
AI プログラミング 6ヶ月長期コース ~ 最短でAIの最先端へ

受講者(20代後半~40代)の多くが専門実践教育訓練給付金制度を使用して、実質70%オフで受講可能。Python、数学の基礎から、環境構築、AIアプリケーション開発まで一気通貫で行います。オンデマンドの講義 + プロの講師に質問し放題、定期的なメンタリング付き。すべてオンラインなので全国どこからでも参加可能です。

無料テキストで基礎から学べる

Python含め15種類のプログラミングが無料で体験可能です。就職サポートも有り「初心者向けのコース」が充実しています。オンラインで全国どこからでも受講できる初心者向けのスクールです。

時代はAI!Python特化型プログラミングスクール

Pythonコースで人工知能や機械学習といった最先端の分野を重点的に学習することが可能。6ヶ月間の密度の濃いカリキュラムにより、本気でやりたい方が世の中に必要な人材として成長ができる。

バッテリー
スポンサーリンク
FPV Takaをフォローする
マイクロドローン・レース用ドローン・空撮の楽しさを感じるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました