Beta85x HDの墜落、キャノピー大破から学んだドローンの電波が届かない場所

Beta85x HDキャノピー大破 CineWhoop

アメリカの大自然を気持ち良く撮影中、自分の不注意でBeta85x HDのキャノピーを大破させてしまいました。

皆さんも同じ目に合わないよう、今回の私の失敗事例を共有したいと思います。

はじめに

アメリカにいるうちに色んな景色を撮っておきたいと、いつもBeta85x HDを連れて回っては気になる場所で撮影しています。

合わせて読みたい

少し話がそれますが、そんな時にBeta85x HDに搭載されているCaddx turtle v2カメラの映像が黄色になるという不具合に先日、見舞われまして、せっかくのアメリカ初夏の大自然をしばらく撮影できずにおりました。

そのカメラ不具合の詳細は以下の記事を参照いただくとして、その記事内にも書いたのですが今ではすっかりとカメラも直りようやく撮影再開しました。

合わせて読みたい

しかし、

事件はカメラ不具合では終わらず、本記事のメインでありますBeta85x HDのキャノピーを自分の不注意から大破させてしまいました。

一難さって、また一難です。

Beta85x HDのキャノピー大破

私の住むアメリカもようやく暖かくなってきまして、この日はいつも釣りに行くお気に入りの場所でアメリカ初夏をBeta85x HDで撮影していました。

しかし撮影中に私の使っているFatshark dominator V3の画面が真っ暗になりまして、結果、屋根に衝突しBeta85x HDのキャノピーが以下のように大破してしまいました。

Beta85x hdキャノピー割れる

合わせて読みたい

ちなみにBeta85x HDが墜落した屋根は以下です。

Beta85x HDが墜落した屋根

人の居ない時間帯に撮影していたとはいえ、もし人に当たっていたら思うとゾッとします。

事故の振り返り

この事故を振り返ってみると、私の持っているドローン用ゴーグルのFatshark Dominator V3の画面がBeta85x HD飛行中に真っ暗(砂嵐状態)になり、いったいドローンをどこを飛ばしているのか分からなくなり、しばらくするとドンという音でどこかに墜落しました(このときは屋根の上だとは分かっていませんでした)。

では、なぜゴーグル画面が真っ暗(砂嵐)になったのか?

このBeta85x HDを飛ばしていた場所は、大きな木が多くあり、またこの日はたまに強めの風が吹く状況でもありました。

恐らくですが風で少し流されつつ、大きな木の陰でBeta85x HDのFPVアンテナからの電波受信が悪くなり、その結果、ゴーグル画面が真っ暗(砂嵐)になったのだと思います。

大きな木が多くある場所では、ドローンは飛ばしてはいけないなと痛感しました。

Beta85x HDの捜索開始

ここから、必死でBeta85x HDを探しました。

ゴーグルには映像が映っていたので、それと墜落した大方の位置を頼りに探していました。

実はたまたまブザーの設定をし忘れていたので、ブザーを頼りに探す線は消えていました。

次にとった方法は、このとき使っていたJumper T8SG V2 Plusとドローンがアームされていることが、ゴーグルを通して分かったので、めぼしい場所でスロットルを入れてみてプロペラが回る音を頼りに探すことにしました。

合わせて読みたい

すると、前述した屋根のあたりでプロペラの回る音がしたというわけです。

ここからはダメもとで、この屋根の建屋係員の人に「はしご」を貸して欲しいと頼んでみました。

すると、ちょっと待っていてくれと「はしご」を持ってきてくれ、Beta85x HDを救出してくれたというわけです。

もし断れていたら、近くのホームセンターで「はしご」を買いに行こうと思っていましたが、係員の方には本当に感謝しかありません。

その後、救出されたBeta85x HDを良く見たところキャノピーが大破していたというわけです。

Beta85x HDキャノピー注文

キャノピーがない状態では飛ばすこともできないので、もちろんキャノピーを注文するわけですが、今は便利です。

なんとアマゾンでキャノピーを注文できるではありませんか!

しかも2つセットで、1090円。

価格的にもBetaFPVで買うのと、それほど変わりません。

アマゾンだと送料や物が届くまでの時間も早いですよね。

いやー、便利です。すぐにポチってしまいました。

【更新6/1】

旅行から帰ってくるとアマゾンで注文していたBeta85x HDのキャノピーが自宅に届いていました。

アマゾンで購入したbeta85x hdキャノピー(開封前)

アマゾンで購入したbeta85x hdキャノピー(開封後)

以下がキャノピー交換後。

Beta85x HDキャノピー交換後

これでBeta85x HDで空撮再開できるー。

Beta85x HDのFPVアンテナ固定方法改善

Beta85x HDのレビューの時にも書いたのですが、FPVアンテナがプロペラと干渉することもあったので、これを機に以下のように結束バンドを使って上方向にアンテナが向くように改善しました。

結束バンドとアンテナの固定は、後述する光硬化性樹脂接着剤を使用しました。

合わせて読みたい

Beta85x HDのFPVアンテナ固定方法改善

Beta85x HDキャノピー修理

割れたキャノピーですが捨てようと思っていたのですが、そうだ!ボンドでくっつければ使えるかな?と、思い立ち大活躍の光硬化性樹脂接着剤でくっつけてみました。

Beta85x HDキャノピーを光硬化性接着剤で修理

合わせて読みたい

どうでしょう?

それなりに固まったと思いますが、使ってみないと分かりません。

キャノピーの替えがない時の非常事態用にしたいと思います。

Beta85x HDキャノピーを光硬化性接着剤で修理後

この日の撮影風景

せっかくなのでBeta85x HDが墜落するまでの映像を残しておこうと思います。

最後のほうに墜落場面も残っています。

皆さんも大きな木があり、電波が通りにくい場所でのドローン飛行は避けましょう。

Beta85x HDは色々なサイトで購入できますが、最近の私のお気に入りGeekbuyingを掲載しておきます。

Geekbuyingの公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました