4KカメラCaddx Loris搭載したAnger 85X 4K HDレビュー

CineWhoop
【自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール】

【Banggoodドローン関連の最新クーポン】

banggoodクーポン

Pocket

スポンサーリンク

GEELANG Anger 85X 4K HDマイクロドローンレビュー

Anger 85X 4K HDマイクロドローン

BanggoodでGEELANG Anger 85X 4K HDを見てみる

MakerfireでGEELANG Anger 85X 4K HDを見てみる

最近のマイクロドローンのラインナップといえばDJIデジタルFPVシステム搭載のものばかりで、海外Youtuberたちが楽しそうに、あの仮面ライダーのようなゴーグルつけてデジタルFPVしているのを見ると欲しくて欲しくて…なんてことありませんか?

DJI Digital FPV

そうなんです。

今のところ我が国日本では、趣味目的でこのDJIデジタルFPVシステム使えないのです。

まさに名古屋飛ばしならぬ、日本飛ばしかのように。。

このデジタルFPVの技術の恩恵を受けられないのが本当に悲しい。

はやく日本でも趣味目的でDJIデジタルFPVシステムが使えることを願ってます。

DJIデジタルFPVゴーグル含めたFPVゴーグルまとめは以下の記事を参照して頂けると幸いです。

さて、ひがみはこれぐらいにして、少しでもデジタルFPVに近づきたいと、我々は4Kカメラで我慢するしかないわけです。

そんな中、久しぶりの4Kカメラ搭載のマイクロドローン登場です。

その名もGEELANG Anger 85X 4K HD

今までの4Kカメラ搭載のマイクロドローンと少し違うのが、最新のCaddx 4KカメラであるCaddx Loris 4Kを搭載していることでしょう。

まだGEELANG Anger 85X 4K HDの詳細レビューがYoutubeにもあがっていない中ではありますが、今回は、このGEELANG Anger 85X 4K HDのスペックをレビューしたいと思います。

GEELANG Anger 85X 4K HDマイクロドローンのスペック

GEELANG Anger 85X 4K HDの詳細スペックは以下になります。

飛行時間がずば抜けて長いですねー。

メーカーGEELANG
重量72g (バッテリーなし)
サイズホイールベース: 85mm
サイズ: 118mm * 118mm * 65mm
飛行時間6分半~7分
GL1204 5000KV 3-4S
ブラシレスモーター
セル数:3-4S
ステーター仕様:D12 * H4 0.2mm
設定:9N12P
ステーター径:12mm
固定子の長さ:4mm
軸径:Φ1.5mm
モーター寸法(直径*高さ):Φ16.0* 15.8mm
磁石仕様:N52H
シフト仕様:2mm高張力鋼
ベアリング仕様:d2 * D5 * H2.5 MR52zz日本ISCカスタムメイド
巻線仕様:180℃クラス無酸素銅
重量:5.8g
SI-F4FC V1 F4フライトコントローラー
AIO ESC(3 in 1 tower)
MCU:STM32F411CEU6(100MHZ、512K FLASH)
センサー:MPU-6000(SPI接続)
ストア:オンボードブラックボックス
ボードサイズ:21x21mm
電源:2-4Sバッテリー入力(DC 7-17V)
ビルトイン12A(各)Blheli_S 4in1 ESC Dshot600 ready
内蔵のBetaflight OSD(SPIコントロール)
内蔵電流計最大70A
現在のメータースケールを480に設定
内蔵5V 2A BEC
内蔵電圧検出
オンボード12A BLheli_S 4in1 ESCEFM8BB21にアップグレードされたオンボード4in1 ESC MCU
電源:2-4Sリポ/リポHV(7V / 17V)
ビルトイン12A(各)Blheli_S 4in1 ESC
電流:13A連続ピーク15A(5秒)
BLHeliSuiteプログラムをサポート
デフォルトのプロトコル:DSHOT600
レシーバーバージョンなしxm +、crossfire、S-FHSSなどの外部シリアルバスレシーバーをサポート
(外部)AC900レシーバーバージョン互換性のあるFrsky(ac900)SPIレシーバーFrsky D16切り替え可能
互換性のある双葉s-fhss切り替え可能
フェイルセーフサポート
地上干渉なし(送信機と受信機は地上から1 m):= 300m
(外部)Frsky XM+受信機バージョンFrsky XM+ LBT-D16モード(frskyでファームウェアをダウンロードして使用する必要があります)
地上干渉なし(地上から1 mの送信機と受信機):> 300m
フェイルセーフサポート
(外部)互換性のあるFlyskyレシーバー
のバージョン
互換性のあるFlyskyレシーバーバージョンSPI BUSレシーバー
プロトコル:AFHDS-2A
チャンネル:14ch(AFHDS-2A)
地上干渉なし(送信機と受信機は地上から1 m):= 300m
フェイルセーフサポート
(外部)互換TBS Crossfire Nanoレシーバー
のバージョン
TBS Crossfireバージョン:TBS Crossfire Nano RX
CRSFプロトコル、公式TBS送信機互換性地上干渉なし(送信機と受信機は地上から1 m):> 300m
フェイルセーフサポート
5.8G 40CH 25/100 / 200mW VTXVTX出力電力:25〜200mw切り替え可能
周波数:40CH
入力電圧:3.2V- 5.2V
消費電流:320mA(タイプ)
パワースイッチング:3速(25MW、100MW、200MW)
アンテナ:Lollipop 5.8GHz 2.3dBi Ultra Mini FPV
アンテナ周波数:5.8 GHz 5バンド40チャネル
レースバンド付き
スマートオーディオ対応
重さ:1.7g
Caddx Loris 4Kカメラロリス:1 / 2.7インチCOMSセンサー
横:800TVL
ビデオRolution:1080p / 60FPS.1080P / 120FPS / 2.7K60FPS.4K / 30FPS.4K / 60FPS。(REAL3.5K / 60FPS)
FPV /録画に対応
FOV:165°
レンズ:1.8mmレンズ
FPV転送:40ms
TVシステム:NTSC / PAL(変更可能)
オーディオ:デジタルMIC
最小発光:0.01LUX
WDR:DWDR
FLY OSD:Yes
ビデオファイル形式:MP4
電子シャッター:PAL1 / 50〜100.000; NTSC:1/60〜100.000
DNR:3DNR
ビデオ出力:CVBS
重量:10g
UVミラー:専用使用、専用カスタマイズ。
サイズ:19×17.5×6.6mm
重さ:1.1g
HQProp T2X2X4プロペラアイテム名:2020 2×2 4ブレードプロペラ
数量:4 CW&4 CCW
RGB LEDライトストリップ調整可能なフライトコントローラー
リポバッテリー(含まれていません)4S 450mAh Lipoを推奨
スポンサーリンク

Beta85X 4KとGEELANG Anger 85X 4K HDを比較

元祖4KマイクロドローンのBeta85X 4Kと主なスペックを比較してみましょう。

こうやって比較してみるとすでにBeta85X 4Kが過去のものになりつつありますね。

逆に言うとこのマイクロドローンの進歩が速すぎるのかもしれません。

Beta85X 4KAnger 85X 4K HD
ブランドBetaFPVGEELANG
カメラCaddx Tarsier 4KCaddx Loris 4K
カメラ解像度4K@30fps4K@60fps
モーター1105 5000KV 3-4SGL1204 5000KV 3-4S
サイズホイールベース: 85mmホイールベース: 85mm
サイズ: 118mm * 118mm * 65mm
重量88.6g72g
飛行時間4分~4分半6分半~7分
価格32000円22500円

GEELANG Anger 85X 4K HDマイクロドローンの特徴

最新4KカメラCaddx Loris 4Kを搭載

Caddx Loris 4K

まず、最大の特徴はCaddxの最新の4KカメラであるCaddx Loris 4Kを搭載していることでしょう。

Caddx Loris 4Kの重さはなんと10gで、解像度が4K@60fpsです。

同じくCaddxの4KカメラであるCaddx Tarsier 4Kが18gで、解像度が4K@30fpsだったのでカメラだけでもかなりの性能UPになっています。

Caddx Loris 4Kを単体で購入しようとするとだいたい8800円ぐらいです。

単体で購入してお持ちのマイクロドローンなどに載せてみるだけでも最新の4Kカメラを試せるのでおすすめです。

BanggoodでCaddx Loris 4Kを見てみる

びっくりするほど長い飛行時間

TATTU 14.8V 75Cリポバッテリー

推奨バッテリーである4S 450mAhを使うと、なんと飛行時間は6分半~7分というから驚きです。

一般的なマイクロドローンで飛行時間3分~4分なので軽量かつ4Sバッテリーを使うことでここまでの飛行時間を叩き出せるということなのでしょう。

4S 450mAhリポバッテリーだとTATTU 14.8V 75Cリポバッテリーがおすすめです。

とにかく軽量

GEELANG Anger 85X 4K HDは、バッテリーなしで72gとかなり軽量に仕上がっています。

元祖4KマイクロドローンだったBeta85X 4Kが88gだったので、それに比べたらかなりの軽量になっています。

やはりCaddx Loris 4Kの10gというのが、かなり貢献しているのだと思います。

LEDライトがカラフル

Anger 85X 4K HDのLEDライトがカラフル

テールランプのLEDライトがカラフルなのも他のマイクロドローンにはない特徴でしょう。

ほとんどのマイクロドローンが自分でLEDライトを付け替えないとカラーは1色のところ、GEELANG Anger 85X 4K HDは4色ぐらいあります。

LEDライトがカラフルだとかなり視認性もよくなるので、草むらに墜落してもブザー同様にマイクロドローンを探す手掛かりになります。

フタバとFrskyの両方のプロポに使える受信機AC900

AC900受信機はフタバとFrsky両方で使用可

フタバとFrskyの両方のプロポをお持ちのドローンユーザも多いのではないでしょうか?

そんな中、GEELANG Anger 85X 4K HDの受信機ラインナップの一つに、AC900受信機というのがあり、これはFUTABA S-FHSS方式やFRSKY D16方式の両方に対応している受信機です。

フタバのプロポもT10J、T14SG、T18SZ、T18MZ等にも使用可能です。

フタバのプロポのおすすめは以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

フタバプロポとAC900のバインド方法は以下を参考にして頂けると幸いです(動画解説あり)。

GEELANG Anger 85X 4K HDマイクロドローンに含まれるもの

GEELANG Anger 85X 4K HDに含まれるもの

GEELANG Anger 85X 4K HDには以下のものが含まれています。

GEELANG Anger75Xが4Sバッテリー3つも入っていたのに比べ、GEELANG Anger 85X 4K HDにはバッテリーが一つも入っていないのが残念なところです。

  • GEELANG 85Xmmフレームとキャノピーが一つずつ
  • 受信機
  • 4x 1204 5000KVモーター
  • 4x HQ耐久性T2X2X4プロペラCW
  • 4x HQ耐久性T2X2X4プロペラCCW
  • 1x Caddx Loris 4k fpvカメラ
  • 1x UVミラー
  • 1x 5.8G 40ch 25mw〜200mw VTX
  • 1xドライバー
  • 1x usbデータライン
  • 1xガラス布
  • 2xバッテリー固定ゴムバンド
  • 1xパッケージ

GEELANG Anger 85X 4K HDマイクロドローンのレビューまとめ

いかがでしたでしょうか?

Anger85x 4Kの開封レビューについては以下にまとめてみました。

4Kマイクロドローンにはたくさんの種類があります。

その中きらおすすめ機種のまとめレビューは以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

また同じくCaddx Loris 4kカメラを搭載したマイクロドローンとしては以下もありますので合わせてご覧くださいませ。

久しぶりにピンときた4Kマイクロドローンの登場についレビューを書いてみました。

まだ飛行レビューの動画などは出回っていませんが、何となく良さそうなきがしています。

ポチリたくてしかたありません。

BanggoodでGEELANG Anger 85X 4K HDを見てみる

MakerfireでGEELANG Anger 85X 4K HDを見てみる

 

★★★★あなたの1票がブログ更新の励みになります★★★★

この記事が気に入っていただけたらブログランキングに投票頂けるとブログ更新の励みになります(^^♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村


ドローンランキング

本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

CineWhoop
スポンサーリンク
FPV Takaをフォローする
マイクロドローン・レース用ドローン・空撮の楽しさを感じるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました