ドローン プロポのアームスイッチの割り当て

Tiny Whoop

プロポの各トグルスイッチを、どの機能に割り当てるかは、人それぞれだと思います。

ただARM(アーム)スイッチだけは分かりやすい位置に設定した方が良いのは皆、納得する意見かと。

これについて私の経験と共にご紹介したいと思います。

私の経験を話すためには、まずプロポのアームスイッチを折ってしまったところから話す必要があります汗

少しお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

事件発生!アームスイッチが折れた件

以前、買ったばかりのプロポ、スペクトラムDxeを床に落としてしまい、見事、アームスイッチを折ってしまった記事を書きました。

その時の無残にも折れたアームスイッチは以下。

このアームスイッチとは、オンオフで切り替え、それによりモーターを回したり、回せなくしたりできます。

なのでドローンとプロポをBINDさせたとしても、アームをオフにすればモーターは回りません。

なので安全のためにも何かあったときには直ぐにアームをオフにできるようにしておく必要があるわけです。

ですが前述したとおり、こんな大事なアームスイッチを折ってしまったのだから大変です。

別のスイッチにアームを割り当て

当時は折れたスイッチの修理方法も分からなかったですし、まずは直ぐにでもドローンを飛ばすために、当座しのぎで別のスイッチにアームスイッチを割り当てることにしました。

そこで、まずはベータフライトのレシーバーで反応するスイッチを確認。

今回の場合、DxeのFLAPを0⇔1で切り替えると画面のAux3が反応していました。

このような感じで、以下のようにAux1とAux3が反応したので、この2つのスイッチを、Aux1をアクロ/アングルに、Aux3をアームのスイッチにそれぞれ割り当てました。

割り当て方法はBetaflightのModesにて割り当てます。

動画でも確認ください。

動画ではARM(アーム)に割り当てたAux3を切り替えることで、アームがオン、オフ切り替わっていることが分かると思います。

と、こんな状態で、しばらくは、上記のようなスイッチ割り当てでドローンを問題なく飛ばしていました。

アームスイッチ修理

やはり初めて購入したプロポDxeを修理したいという衝動にかられ、修理することに。

まずスイッチ部品探しをし、修理をしました。

詳しい修理方法は以下です。

以下がスイッチ部品です。

修理後は以下の感じ。

修理したアームスイッチを機能させたい

ここでようやく本題になるのですが、当座しのぎでFLAPのトグルスイッチに設定していたアームスイッチを
所定の分かり易いスイッチ場所に戻したい!ということで、修理したアームスイッチを機能させることにしました。

ここで問題が発生。
ベータフライトに行き、アームスイッチをオンオフしてみるも、何も反応がしませんでした。

もしかして、このスイッチ死んでる?と悪い予感がよぎりましたが、知人に教えてもらい、アプリで機能するように設定しなければいけないとのこと。

ということで、まずはそもそものアームスイッチが機能するようにしました。

これで何かあったときにパニクッってアームスイッチの場所が分からなくなることは無さそうです。

最終的なスイッチ割り当て

スイッチが全部機能するって気持ちいいですねー。

とうことで、
①アームは、Dxeデフォルトのアームスイッチ
②フライトモードは、Dxeデフォルトのフライトモードスイッチ
③アクロ/アングルは、Auxスイッチ
④ブザーは、FLAPスイッチで
切替ができるように設定しました。

今までブザーを設定していなかったので、茂みにドローンが突っ込んだら見失う可能性大でしたが、これで安心です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました