1つのプロポを複数ドローンで共用して使う方法

プロポ(送信機)

一つのプロポでレース用ドローンやTiny whoopなど複数のドローンを操作したいということがあると思います。

今回は、そのやり方をご紹介します。

一つのプロポで複数のドローンを操作するケース

ドローン歴が長くなってくると、Tiny whoopやらレース用ドローンなど、あっという間に所有しているドローンが増えている、なんてことはないでしょうか?

でもプロポは一つしか、持っていないので、そのプロポで所有する複数のドローンを操作したい!
そういった願望にかられるのです。

私の場合、SpektrumのDxeというプロポを持っているのですが、そのプロポで以下の二つのドローンを操作したいというニーズがありました。

(Tiny whoopブレードが一枚だけオレンジなのはご愛嬌ということで)

しかし、レース用ドローンには専用のプロポ設定がしてあるので、この設定をTiny whoopには流用はできなかったのです。

ちなみに写真のTiny whoopはInductrix Bladeです。

最初の頃、何も分からずレース用ドローンのためにプロポを設定した状態で、Tiny whoopを飛ばそうとした際、スロットルを入れていないのに、Tiny whoopのスロットルがMaxになったりと、なぜだろうと?マークいっぱいになったことがありました。

こういう困ったことにならず、プロポの設定をそれぞれのドローン用に切り替えることで、それぞれのドローンでDxeを使うことができるようになります。

Dxeで複数ドローンを飛ばすための設定

それでは早速、そのプロポの設定をドローン毎に切り替える方法について説明したいと思います。

今回はレース用ドローンのプロポ設定からTiny whoop用の設定に切り替え、DxeをTiny whoopで使えるように変更していきます。

まずDxeとスマホを専用ケーブルで繋ぎます。

専用ケーブルについて知りたい方はこちらを参照

プロポの電源を入れた後、スマホでSpektrumアプリを立ち上げます。

その後、アプリ左下の「Model Select」を選びます。

私の場合、以下のように2つのモデルをプロポ設定として作ってあります。

First Model 0がレース用ドローンで、BladeがTiny whoopの設定です。

ちなみにBladeのモデルを新規作成後は特に何も設定せず、デフォルトの状態でOKです。

画面最上部がFirst Model 0になっているので、今はレース用ドローンの設定になっています。

もし、DxeをTiny whoopで使いたい場合は、このModel Selectで、Bladeを選びます。

Tiny whoop用の設定であるBladeを選択後、下のSettingを選択し、右上のコネクトボタンを押します。

すると以下の画面が現れるので、赤枠のスマホからプロポ側に、データ転送します。

そうすると以下のように同期化が始まるので、これが終了すれば完了です。

これで、レース用ドローンのプロポ設定からTiny whoop用の設定に切り替わり、DxeをTiny whoopで使えるようになりました。

注意点

このように一つのプロポで複数のドローンを使うことはできますが、注意点として、プロポの設定は人それぞれのため、忘れずに設定を切り替えてプロポを使用しなければ、レース用ドローンの設定だと思って、使ったところ、Tiny whoop用の設定になっていて、レース用ドローンが暴走なんてことも考えられるので十分注意したほうが良いかと思います。

★★★★あなたの1票がブログ更新の励みになります★★★★

この記事が気に入っていただけたらブログランキングに投票頂けるとブログ更新の励みになります(^^♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村


ドローンランキング

本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

ドローン開発者に必要なプログラミングスキルあります
AI プログラミング 6ヶ月長期コース ~ 最短でAIの最先端へ

受講者(20代後半~40代)の多くが専門実践教育訓練給付金制度を使用して、実質70%オフで受講可能。Python、数学の基礎から、環境構築、AIアプリケーション開発まで一気通貫で行います。オンデマンドの講義 + プロの講師に質問し放題、定期的なメンタリング付き。すべてオンラインなので全国どこからでも参加可能です。

無料テキストで基礎から学べる

Python含め15種類のプログラミングが無料で体験可能です。就職サポートも有り「初心者向けのコース」が充実しています。オンラインで全国どこからでも受講できる初心者向けのスクールです。

時代はAI!Python特化型プログラミングスクール

Pythonコースで人工知能や機械学習といった最先端の分野を重点的に学習することが可能。6ヶ月間の密度の濃いカリキュラムにより、本気でやりたい方が世の中に必要な人材として成長ができる。

プロポ(送信機)
スポンサーリンク
FPV Takaをフォローする
マイクロドローン・レース用ドローン・空撮の楽しさを感じるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました