DJI Mini 2とMavic Miniを徹底比較レビュー!気になる価格、スペックは?

DJI Mini 2比較レビューDJI Mini 2

発売以来、大人気のDJI Mini 2。

同じく人気を誇ったMavic Miniの後継機種として、Mavic Miniの不満点が全て取りのぞかれ購入を検討している人も多いのではないでしょうか?

今回は、そのDJI Mini 2とMavic Miniを性能や価格など分かりやすく比較レビューをしながらDJI Mini 2とはどんな人にぴったりか?そしてMavic Air2との比較も簡単にしてみました。

DJI Mini 2はアマゾンからも購入可能です。

フライモアコンボ(セットもの)か単体か選べますが、私は断然フライモアコンボがおすすめです。

DJI Mini 2とMavic Miniの比較レビュー

DJI Mini2 vs Mavic Mini

まずは以下の表でDJI Mini 2とMavic Miniのスペックを比較しながら、ざっとDJI Mini 2の特徴をおさらいしておきましょう。

驚くほどのスペック向上

項目DJI Mini 2DJI Mavic MiniMini 2の機能向上ポイント
価格単体59400円、フライモアコンボ79200円単体41580円、フライモアコンボ53680円
重量199g同じ
動画4K/30fps2.7K/30fpsカメラ性能向上
ズーム4倍ズーム(FHDのみ)
2倍ズーム(2.7K)
2倍ズーム(4K)
非対応
最大飛行速度57.6km/h46.8km/hスピードUP
風圧抵抗レベル5レベル4風に強い
伝送OcuSync 2.0Wi-Fi電波や映像が途切れにくい
伝送範囲6 km(MIC)2 km(MIC)
飛行時間18分18分変更なし
クイックショットドローニー、サークル、ヘリックス、ロケット、ブーメランドローニー、サークル、ヘリックス、ロケット撮影バリエーションが増えた
パノラマスフィア、180°、広角非対応
自動追尾なしなし変更なし
ハイパーラプスなしなし
USBタイプUSBタイプCマイクロUSBUSBタイプCに進化

上記を見るとかなり多くの機能改善ポイントがありますよね。

一番大きな改善点は、カメラ性能が2.7Kから4Kになったところ、映像伝送方式が OcuSync 2.0になったことで電波や映像が途切れにくくなったところでしょう。

気になる価格差は?

ドローンファンとして最も気になるのがDJI Mini 2の価格でしょう。

日本での価格は、単体が59400円、フライモアコンボが79200円となっています。

Mavic Miniが単体41580円、フライモアコンボで53680円なので価格差は単体で17820円、フライモアコンボで25520円になりますね。

DJI Mini 2Mavic Mini価格差
単体59400円41580円17820
フライモアコンボ79200円53680円25520

こうやって比較するとフライモアコンボの価格差が大きいのが目につきますね。

では、単体とフライモアコンボのどちらを買うべきか?

私自身はフライモアコンボを選びました。理由については以下の記事にまとめてみましたので参考にしていただければと思います。

DJI Mini 2のカメラ性能

Mavic Minのカメラ性能が動画を2.7K撮影できたのに対し、DJI Mini 2のカメラ性能は4Kになりました。

詳細は以下です。

4K:24/25/30fps
2.7K:24/25/30fps
FHD:24/25/30/48/50/60fps

Mavic Air2は発売後のファームウェアアップデートでデジタルズーム機能が付いたのですが、DJI Mini 2でも4倍のデジタルズーム機能が付いています。

ズーム機能の詳細については以下の記事をご覧いただければと思います。

DJI Mini 2のカメラのズームアップは以下のような感じです。

dji mini2 4kカメラ

パノラマ撮影もできます。

DJI Mini 2の重量

重量は199gとMavic Miniと同じ重量でした。

かねてから重量は重くなるのでは?という噂もありましたが、据え置いてきたようです。

海外仕様もMavic Miniのように249gに据え置いてきました。

DJI Mini 2の飛行時間・バッテリー容量

飛行時間は日本仕様が18分、海外仕様が31分です。

海外仕様のMavic Miniの飛行時間が30分で、日本仕様が18分でしたので同等ですね。

バッテリー容量は、日本仕様のMavic Miniのバッテリー容量が1100mAhでしたが、日本仕様のDJI Mini2は1065mAhで、海外仕様のMavic Miniが2400mAhだったのに対し、2250mAhとわずかに容量が少なくなっています。

ちなみに2セルのリポバッテリーのようです。

バッテリー搭載位置は、当初Mavic Air2のように機体上部に搭載するタイプと噂されていましたが、今までのMavic Mini同様に機体の内部に挿入するタイプです。

dji mini2のバッテリー搭載位置

DJI Mini 2の飛行距離

Mavic Miniでは送信機の伝送システムが拡張Wi-Fiだったため少し機体が離れると映像の乱れや電波の途切れがユーザの不満の声として多かったです。

それに比べDJI Mini 2の伝送システムはOcuSync 2.0を採用しているとのことでMavic Air2と同様のものになります。

これにより電波や映像の乱れもなくなるでしょう。

飛行距離も海外仕様だと10km、日本仕様だと6kmとなる模様です。

DJI Mini 2のコントローラー(送信機)

dji mini2のコントローラー

DJI Mini 2のコントローラーは、噂通りMavic Air2と同タイプのものでした。

Mavic Air2ユーザーが皆言っていますが、コントローラーを持ちやすくなっているためドローンが操作しやすいです。

飛行距離のところでも触れましたが、伝送システムがOcuSync 2.0になっているため電波や映像も途切れにくくなっているのもメリットでしょう。

また地味な点ですがUSBタイプもマイクロUSBポートからUSBタイプCポートになりました。

これにより、端子を差す方向を気にする必要がなくなるのとデータ転送速度もかなり早くなります。

そのためMavic Air2に性能が近くなり、どっちを買うべきか?どういう人がDJI Mini 2を買うべき人か?をイメージしにくいかもしれません。

そのあたり、Mavic Air2との違いも後述します。

バッテリーや送信機について知っておいた方がいいことは以下にまとめてみました。

10km/hもスピードUP、更に風にも強い

スピードはMavic Miniが46.8km/hだったのに対しDJI Mini2は57.6km/hと10km/h以上スピードUPしています。

飛行中の風圧抵抗のレベルを大幅に向上させ、最大29~38km/hの風でも安定して飛行することができます。

また、風速が8.0-10.7 m/sと高い場合でも安定してホバリングすることができます。

クイックショット機能

これはMavic Miniのクイックショットは4種類でしたが、DJI Mini2のクイックショットはブーメランが追加され5種類になっています。

ドローニー、ヘリックス、ロケット、サークル、ブーメラン

パノラマ撮影可能

パノラマ撮影もMavic Miniは未対応でしたが、DJI Mini2ではスフィア(球状)、180°、広角のパノラマ撮影が可能です。

デジタルズーム機能

Mavic Air2同様にデジタル4倍ズーム機能があります。

DJI Mini 2に自動追尾は付いてるのか?

DJI Mini 2には残念ながら自動追尾機能(アクティブトラック)は付いていません。

まぁ、これはMavic Miniにも付いていなかったし、あれば便利ですけど必須かと言われると私には違います。

自動追尾機能とは?については以下の記事を参考にして下さい。

自電車、バイク、車の追い撮りを絶対したい人なら別ですが私には頻度的にあまり必要性がありません。

上記の参考記事で私もスパークでカヤックの追い撮りを楽しんでいますが頻度的には多くなかったです。

その他、購入してからこの機能なかったの?とならないようにDJI Mini 2を購入する前に知っておくべきことについては以下の記事を参考にしていただければと思います。

機体正面にLEDライトを搭載

DJI Mini2のLEDライト搭載

上の画像の赤枠の位置にLEDライトを搭載しています。

このLEDライトの色は全部でイエロー・オレンジ・ホワイト・ライトグリーン・グリーン・パープル・ライトブルーと7色あります。

色は送信機のControlから変更が可能です(下の画像参照)。

DJI Mini2送信機でのLEDライト色変更

これで誰のMini 2か判別がつきますね。

色変更方法は以下の動画も参考にしていただければと思います。

DJI Mini 2フロントLEDライトの色変更方法

DJI Mini 2は、どんな人におすすめ?

ドローン初心者で初めての1台を探している人

ドローンパイロットの副業

まずDJI Mini 2がオススメな人は、これからドローンを始めようしている初心者の方です。

ここまで高性能で、小型の完成品としてのドローンは見たことがありません。

またDJI製ドローンの中では、価格がかなり抑えられており、DJIとしてドローン初心者や初めてドローンを買う人をターゲットにしているようです。

DJI Mini 2が登場する前はMavic Miniがドローン初心者用のドローンだったのですが、ここまで性能に差が付けられると、DJI Mini 2を買うべきでしょう。

機体単体の価格は、Mavic Miniが46200円DJI Mini 2が59400円と1万円以上の差がありますが、性能向上分を考えると、この先長く使っていくことを考えてもDJI Mini 2をおススメします。

また、DJI Mini 2はMavic Mini同様に重量が199gです。

現在の日本の航空法では200g未満のドローンについては、飛行許可申請なしで飛ばすことが可能です。

初心者にとってこの辺りの申請のやり方や法律の知識が難しく感じられると思うので、そのあたりをあまり気にせず、ドローンを飛ばせるというのはメリットがあるでしょう。

もちろん、ドローンを飛ばすうえでのマナーは守るべきですし、200g未満のドローンにも法律が適用されるところもあるので、必要最低限の知識は持っておく必要があります。

アウトドア・登山・キャンプが大好きな人

ドローン登山

次にDJI Mini 2がおススメな人は、登山キャンプ釣りといったアウトドアが好きな人です。

理由としては、DJI Mini 2が小型でコンパクト、そして軽量だからです。

登山やキャンプ、釣りといったアウトドアは、とにかく荷物が多くなりがち。

そんな中で大型のドローンまでも荷物に追加されては、荷物が重くなり、かさばり動きにくくなります。

DJI Mini 2は手のひらサイズですし、重量も199gとスマホ並みなのでアウトドアのお供としても最適でしょう。

ただし、ドローンは精密機械なので、しっかりとケースに入れて持ち運ぶことが必要です。

その点、DJI Mini 2のフライモアコンボというセットものですと、DJI Mini 2専用のバックも付いてくるのでおススメです。

旅行で綺麗な写真を撮りたい人

ドローン旅行

次にDJI Mini 2がおススメな人は、旅行好きで、旅行に行っては沢山の写真を撮る人です。

冒頭でご紹介したようにDJI Mini 2はカメラ性能も格段にMavic Miniから進化しています。

アウトドアで空撮していると、ズーム撮影したくなる場面が結構あります。

そういった時にFHDの時のみですが、ズームができるのはかなりの売りだと思います。

また、海や山などの壮大な景色をパノラマ撮影したくなることもあるでしょう。

パノラマ撮影も簡単にできてしまうのも嬉しいです。

更にカメラ性能ではないのですが、DJI Mini 2がアウトドア派にオススメな理由が、風に強いという点と、伝送形式がOcuSync 2.0になったという点です。

山や海は基本的に他の場所より風が強い傾向があります。

Mavic Miniの時は、風に弱いというユーザの不満も多く、風の影響で空撮を断念するケースも多かったです。

その点、DJI Mini 2は、風圧抵抗はレベル5で約8~10m/Sの風に耐えられます。Mavic Miniはレベル4(約5~8m/S)です。

ちなみにレベル5とはMavic2と同じですね。

重量がMavic Miniと同じで、風圧抵抗レベルだけ上がったということはモーター性能が上がったためかもしれません。

次に伝送形式がOcuSync 2.0ですが、OcuSync 2.0とは?何がメリットなの?と思われる人も多いのではないでしょうか?

簡単に言うと、OcuSync 2.0になったことで飛行距離が6kmとMavic Miniの2kmから大幅に伸び、Mavic Miniで不満の多かった、ドローンが離れると映像が途切れたり、操作が効かなくなるというのがなくなります。

特に登山などの場合、山や木の影響で電波が途切れがちです。

そういった環境でもOcuSync 2.0なら安心ですね。

DJI Mini 2開封・初飛行レビュー動画

以下はDJI Mini 2の開封と初飛行のレビュー動画です。

良かったらどうぞ!

DJI Mini 2とMavic Air2の性能比較

mavic air2

もうワンランク上のドローンが良いという人はMavic Air2という選択肢もあります。

DJI Mini 2とMavic Air2との主な性能比較は以下になります。

項目DJI Mini 2Mavic Air2
価格単体59400円、フライモアコンボ79200円単体105600円、フライモアコンボ132000円
重量199g570g
動画4K/30fps4K/60fps
ズーム4倍ズーム(FHDのみ)
2倍ズーム(2.7K)
2倍ズーム(4K)
最大飛行速度57.6km/h68.4km/h
風圧抵抗レベル5
伝送OcuSync 2.0
伝送範囲6 km(MIC)
飛行時間18分34分
クイックショットドローニー、サークル、ヘリックス、ロケット、ブーメランドローニー、サークル、ヘリックス、ロケット、ブーメラン、アステロイド
パノラマスフィア、180°、広角スフィア、180°、広角、垂直、HDR
自動追尾なしあり
障害物回避なしあり
ハイパーラプスなし8Kハイパーラプス
USBタイプUSBタイプC

上記の中でも特に、DJI Mini 2よりMavic Air2が優れているところを挙げると以下のような感じでしょうか?人によって違うとは思いますが。

  • 自動追尾機能がある
  • 飛行時間が34分(DJI Mini 2は18分)
  • 8Kハイパーラプス
  • 4K/60fps

DJI Mini 2と比べMavic Air2のデメリットを挙げるとすると以下です。

  • フライモアコンボでMavic Air2はDJI Mini 2より約5万円高い
  • 重量が199gを超えるので飛行許可申請が必要

Mavic Air2もかなり優れた性能を持ったドローンです。

なので、上記のメリットデメリットを踏まえてDJI Mini 2にするか、Mavic Air2にするかを決めればよいかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

DJI Mini 2をMavic Miniと比較しながら、DJI Mini 2がどんな人にぴったりか?どんな人が購入べきかをご紹介しました。

まとめますとDJI Mini 2の主なアップグレードは以下です。

  • カメラが高解像4K/30fpsへ
  • カメラズーム機能搭載(4倍ズーム(FHDのみ)、2倍ズーム(2.7K)、2倍ズーム(4K))
  • スピードUP(57.6km/h)
  • 風圧抵抗UP(レベル5)
  • OcuSync 2.0 6 km(MIC)
  • クイックショットにブーメラン追加
  • パノラマ撮影対応(スフィア、180°、広角)

また以下の人におすすめです。

  • 初めてドローンを購入する人(初心者の方)
  • アウトドアで荷物を増やしたくない人
  • 旅行で綺麗な写真を撮りたい人

Mavic Miniが出た時も驚きましたが、このDJI Mini 2はMavic Miniの後継機でありながら、性能は格段に向上しているので、価格差を忘れてしまうほどのドローンだと思います。

私も迷わず購入しましたので、これから色んなものを空撮していきたいと思っています。

★★★★あなたの1票がブログ更新の励みになります★★★★

この記事が気に入っていただけたらブログランキングに投票頂けるとブログ更新の励みになります(^^♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村


ドローンランキング

本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

ドローン開発者に必要なプログラミングスキルあります
AI プログラミング 6ヶ月長期コース ~ 最短でAIの最先端へ

受講者(20代後半~40代)の多くが専門実践教育訓練給付金制度を使用して、実質70%オフで受講可能。Python、数学の基礎から、環境構築、AIアプリケーション開発まで一気通貫で行います。オンデマンドの講義 + プロの講師に質問し放題、定期的なメンタリング付き。すべてオンラインなので全国どこからでも参加可能です。

無料テキストで基礎から学べる

Python含め15種類のプログラミングが無料で体験可能です。就職サポートも有り「初心者向けのコース」が充実しています。オンラインで全国どこからでも受講できる初心者向けのスクールです。

時代はAI!Python特化型プログラミングスクール

Pythonコースで人工知能や機械学習といった最先端の分野を重点的に学習することが可能。6ヶ月間の密度の濃いカリキュラムにより、本気でやりたい方が世の中に必要な人材として成長ができる。

DJI Mini 2
スポンサーリンク
FPV Takaをフォローする
マイクロドローン・レース用ドローン・空撮の楽しさを感じるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました