Tiny Whoopの購入方法まとめ!おすすめのプロポやゴーグルは?

Tiny Whoop

Tiny Whoopを始めたいけど何をどうやって買えばいいんだろう?と初心者は悩むと思います。

Tiny Whoop含め、ドローン関連の購入方法(国内外)のおすすめをご紹介します。

スポンサーリンク

はじめに

初心者のうちは、Tiny Whoopの機体はもちろん、プロポやゴーグルなどの必要なアイテムをどこで買えば良いのだろう?

どこで買うのがお買い得なのだろう?と悩むのではないでしょうか?

私自身も色んなサイトがあるので、いったいどこで買えばいいんだと迷い、皆がどこで買っているのか分からずネットをさまよったことがあります。

一般的な購入方法としては、実店舗で購入したり、ネットで購入したり、または購入したいアイテムによっても訪れるサイトも変わってくるかと思います。

今は世の中、インターネットの時代なので、本サイトではネットを使ったTiny Whoopアイテムの購入方法について筆者や友人の経験を元に国内外の代表的なおすすめネットショップと、それぞれのショップの特長、そして安く購入するためのちょっとした情報をご紹介したいと思います。

海外ドローンショップ

代表的な海外ドローンショップは以下があります。

Aliexpress(日本語切替可能)

Banggood:(日本語切替可能)

geekbuying

GetFPV

Hobbyking(日本語切替可能)

HeliPal.com

Gearbest

RaceDayQuads

スポンサーリンク

海外ネットショップお買い得情報

アメリカには年に一度、大々的にセールをする期間があります。

それはサンクスギビング(感謝祭)と言われ、毎年11月の第4木曜日になっています。

特に第4金曜日はBLACK FRIDAYと呼ばれ、どのお店でも安売りをします。

したがって木曜日の夜中に実店舗には長蛇の列みたいな状態にアメリカではなるのです。

日本にいる場合はもちろん、アメリカの実店舗に行くことは不可能なので、ネットで商品を買うことになります。

サンクスギビングの少し前から上記のネットショップを見ているとプレセールといって既に安売りが始まっていたりしますので、小まめにチェックしお買い得品をゲットしましょう。

それと第4金曜日があけ、次の月曜日はサイバーマンデーといわれ、ネットショップが安くなると言われていますが、ここ最近は、ブラックフライデーより前にセールが始まっているので、サイバーマンデーが特にお買い得ということもないような気がします。

やはりブラックマンデーの2週間ぐらい前からネットで小まめにチェックしましょう。

クーポンの活用

海外では定期的に商品毎にクーポンコードが発行されます。

各サイトで商品購入時にクーポンコードを入力する箇所があるので入力するとかなりの値引きがされます。

なので欲しいドローン関連商品でクーポンが発行されているか確認してから購入するとドローン沼から少しは脱出できるかもしれません。

一例としてBanggoodでのクーポンの使い方についての記事を載せておきます。

国内ドローンショップ

以下が代表的な国内ショップでしょう。

Roboz

GoodFPV

ep-models.com

Hobbynet

AirCraft

Helimonster

ショップについては日々、新しいショップも出てくるので上記を参考にしながら、ご自分のニーズにあったショップを探していきましょう。

こちらの情報も随時更新していこうと思っております。

おすすめプロポ

Jumper t8sg V2 Plus

ドローンには沢山の送信プロトコル(規格)があります。

例えばDSMX、FrSky、FHSS、FASST(Futaba)などがあります。

その送信プロトコルに応じてプロポ(コントローラーと言った方が分かり易いでしょうか?)が別々に存在します。

私もドローンを始めた頃、疑問だったのですが、なぜこんなに沢山の送信プロトコルがあるのか?

どんな送信プロトコルでも1つのプロポで対応できないのか?

という疑問です。

私がドローン始めた頃は、こういったプロポはなかったのですが、そうなんです、今はあるんです。

マルチプロトコル対応のプロポというやつが。

その代表的なプロポとして以下のJumper t8sg V2 Plusがあります。

私も持っていますが非常に使い易く、また価格も安いのでおすすめのプロポです。

日本人はフタバじゃないと!という人もいるかもしれませんがTiny whoopなどの小型なマイクロドローンなら、送信プロトコルを気にせず色んなドローンを買いたくなりますし、こういったプロポを1台持っていると非常に重宝しますよ!

Spectrum DXE

このプロポはDSMXプロトコルなのでマルチプロトコル対応のプロポではないですが、Jumper t8sg V2 Plusよりもっと安いプロポが良いという方は、Spectrum DXEというプロポもあります。

何を隠そう、このプロポは私が初めて購入したプロポなんです。

おすすめゴーグル

少しネットを検索すると分かるのですがドローンのゴーグルって良いものは価格が高いんです。

だいたい4〜5万ぐらいするかと思います。

基本高価なゴーグルは映像が綺麗に映り、小型で録画機能が付いているというのが特徴です。

安いゴーグルはこの逆というイメージです。

Eachine VR D2 Pro

もしドローン始めたばかりで4〜5万も出せないという場合は、以下のようなゴーグルもあります。

Fatshark Dominator HDO

これは言わずも知れたFatshark製のゴーグルです。

ドローンレーサーのほとんどがFatsharkを使っているほど、その安定感はさすがな感じです。

そのFatsharkの中でも最高級クラスなのが、このFatshark Dominator HDOです。

詳細のレビューは以下の記事も参考にして頂ければ幸いです。

因みに私の持っているゴーグルは、Fatshark Dominator V3です。

Skyzone社Sky03O

ここにきてFatshark HDOを超えたと噂されているのがSkyzone社のSky03Oです。

HDOより映像が綺麗だと噂です。

そして価格がHDOより安い!

レビューは以下をご覧下さいませ。

HDOとSky03Oの映像比較の動画もあります。

200g未満ドローンの規制

Tiny whoopのワクワクが止まらない中で規制の話しをするのも気が引けるのですが事件になる前に日本のドローン規制についても知っておきましょう。

日本ではドローンの重量が200g以上か未満かで適用される規制が変わってきます。

もちろん200g以上のドローンの方が規制が厳しいのですが中には200g未満だと規制がないと勘違いされる方もいる為、この点についても知っておきましょう。

Tiny whoopなど小型で軽い、マイクロドローンなどの200g未満のドローンに適用される規制は、小型無人機等飛行禁止法というものが適用されます。

詳細は以下を参照頂けると幸いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本はネット中心にドローンや部品を購入する感じです。

そしてサイトはやはり日本より海外のほうが充実しているのが現状です。

更にはサイトごとに価格も違ったりするので、お目当てのものが一番安いサイトを探しながら購入というのが基本スタイルです。

ただ、海外のサイトを使用する場合、お住まいの国によっては、商品の輸送に時間がかかる可能性があるので、サイトがどこの国のサイトかを確認し、できるだけ近い国から発送されるようにしたほうが早く商品を手にできると思います。

私の場合はアメリカに住んでいるので、基本はアメリカのサイトからの購入が望ましいというわけです。

昔は中国のサイトが多く、商品到着までかなりの待つことがありましたが、同様の経験をしているアメリカ人やアメリカ在住者の希望により、最近はアメリカにもドローン関連サイトが増えてきました。

ということで、私にとっては願ったりの環境になってきたというわけです。

皆さんも色々と試しながらお気に入りのサイトを見つけていくと良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました