Geelang Hobby X-UFO 85Xが登場!スペックや主要4K Cinewhoopと比較レビュー

CineWhoop

スポンサーリンク

はじめに

またまた新しい4K Cinewhoopが登場しました。

君の名は、Geelang Hobby X-UFO 85X(笑)

x-ufo購入

今のところGeekbuyingでプレオーダーが始まっていまして、お値段もリーズナブルで200ドル切ってますし、なんといっても重量が軽い!

バッテリー無しで79.2g!!

元祖4K CinewhoopのBeta85x 4Kがバッテリー無しで88.6gなので、それよりも軽いですね。

合わせて読みたい

 

またネット情報見ると4セルバッテリーが1つ付いてくるのは嬉しいですね。

それでは早速、気になるGeelang Hobby X-UFO 85Xの詳細を見ていきましょう。

Geelang Hobby X-UFO 85X仕様

主な仕様を以下にピックアップしてみました。

ブランド名: Geelang Hobby

ホイールベース:85mm

サイズ:118 X 118 X 56mm

重量:79.2g(バッテリー無し)

フライトコントローラー:Supra F4

→ワタクシ、このフライトコントローラーを始めてみました。

どんなフライトコントローラーか不明ですが海外サイトを見ると結構、高評価が見られます。

ESC:On-board 4in1 12A ESC

バッテリー:2〜4セル対応

バッテリーコネクター:xt30

カメラ:Caddx Tarsier(4Kカメラ)

対応受信機:Frsky, Flysky, TBS Crossfire

モーター:GL1204 KV5000

プロペラ:Eamx 2035 2インチ4ブレード

4セルバッテリー15.2v 260mah 40C/80C付属

気になる仕様をクローズアップ

次に主な仕様から気になる仕様を見ていきたいと思います。

4Kカメラ

カメラはお馴染みCaddx Tarsierですね。

もう4K Cinewhoopには必ず搭載されるといって良いぐらいのカメラです。

このカメラの良い所を挙げると以下のような感じです。

・スマホとWi-Fi接続し、専用アプリでカメラの各種設定可能

・4K撮影可能

・NDフィルター付属

詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

合わせて読みたい

 

フライトコントローラー

この機体に使われているフライトコントローラーは、Supra F4というものです。

ワタクシ、このフライトコントローラーを始めてみました。

どんなフライトコントローラーか不明ですが海外サイトを見ると結構、高評価が見られます。

フレーム

ネットの情報によるとX-UFO 85Xのフレームは、アルミニウムとカーボンファイバーの複合材料で構築され、118 X 118 X 56mmのサイズでありながら、わずか79.2(バッテリーなし)の軽量化を実現しているため、超軽量でありながら、シャーシには衝撃に耐えられる厚さがあるため、抵抗力があるとのこと。

モーター

モーターは、最新モデルのGL1204 KV5000を搭載し、エネルギー効率が良いとの事で海外でも高評価です。

おそらくこのクラスのドローンでは、初となる1204モーターの採用ではないでしょうか?

バッテリー

4セルバッテリー15.2v 260mah 40C/80Cが使われており、更にもう一つ予備のバッテリーが付属しているようです。

これもCinewhoopにしては珍しいですね。

それでも価格が199ドル!

うーん、素晴らしい。

X-UFO 85X, Beta85x 4K, Eachine Cinecan比較

最後にX-UFO 85Xと主要4K Cinewhoop2機種(Beta85X 4K, Eachine Cinecan)と主な仕様を比較しておきましょう。

X-UFO 85X, Beta85x 4K, Eachine Cinecan比較

合わせて読みたい

まとめ

いかがでしたでしょうか?

色々と調べていると欲しくなる4K Cinewhoopですね。

仕様を見る以上、現状発売されている4K Cinewhoopの中でも買いの機種ではないかと思います。

X-UFO購入

どの4K Cinewhoopを購入しょうか検討中の方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました