次世代レース用ドローン?GEPRC Dolphin Toothpick 4インチレビュー

GEPRC Dolphin Toothpick 4インチ外観 レース用ドローン
【自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール】

【Banggoodドローン関連の最新クーポン】

banggoodクーポン


スポンサーリンク

はじめに

Toothpickドローンが出てきたと思ったら、今度は4インチサイズでのToothpickが登場です。

Toothpickという名だけに「つまようじ」を連想させるぐらいの細いフレームで、ゆえに軽量を実現でき機敏な飛行を可能にしてきました。

しかし、今までのToothpickというと2.5インチサイズぐらいが一般的でしたが、今回ご紹介するGEPRCのDolphin Toothpick 4インチは4インチサイズでありながら、フレームがかなり細い形状になっており、まさに「Toothpick(つまようじ)」と呼べるフォルムに仕上がっています。

今後はレース機やフリースタイル機でもToothpickが主流になっていくのでしょうか?

それでは気になる仕様の詳細を見ていきましょう。

GEPRC Dolphin Toothpick 4インチはどこで買えるか?

以下のBanggoodで購入できます。

GEPRC Dolphin Toothpick 4インチの仕様

主要な仕様

まずは主要な仕様を見ていきましょう。

フライトコントローラーGEP-20A-F4 AIO
カメラCaddx Turbo Eos2
モーター1507 3200KV
重量136g(バッテリーなし)
受信機PNP(レシーバーなし)、Frsky XM +、Frsky R-XSR、TBS Crossfire Nano RX、Flysky FS-A8S V2
価格$ 149.99 -$ 179.99
バッテリー2S~4S

外観

斜め前からの画像

GEPRC Dolphin Toothpick 4インチ外観

側面の画像

GEPRC Dolphin Toothpick 4インチ外観

正面の画像

GEPRC Dolphin Toothpick 4インチ外観

後方の画像

GEPRC Dolphin Toothpick 4インチ外観

真上からの画像

個人的にはこの画像が一番好きです。

これを見ると本当にフレームが細いというか、まさにToothpick(つまようじ)ですね。

GEPRC Dolphin Toothpick 4インチ外観

その他の特徴

以下の動画を見ても分かると思いますがキャノピーが特徴的で、3Dプリンターで作られていると思いますが、結構粘り気がある仕上がりになっているというか、これにより耐久性が高くなっているように見えます。

バッテリーは、4Sの650〜850mAhを推奨。

フレームは3Kカーボンフレームで厚さ4mmを使用。

HQプロペラを採用。

GEPRC Dolphin Toothpick 4インチのレビュー動画

海外のレビュー動画ですが、ご参考まで。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここ最近、個人的にはGEPRCのドローンが気になっています。

結構完成度の高い機体を提供していますよおね。

また今回、このGEPRC Dolphin Toothpick 4インチ調べていくうちに、この機体のポテンシャルを感じぜざるを得ませんでした。

この機体が$ 149.99 -$ 179.99で買えるのなら、ありだなと思っています。

実際、飛ばしてみるとすごく楽しいんだろうなと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました