超軽量カメラ付きマイクロドローン!GEPRC CineEye HDレビュー

CineEye HDカラフルキャノピー CineWhoop
【自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール】

【Banggoodドローン関連の最新クーポン】

banggoodクーポン


スポンサーリンク

はじめに

最近、個人的にお気に入りのメーカー、GEPRCから新製品CinewhoopのCineEyeのレビューをしたいと思います。

CineEyeレビュー

Cinewhoopについては以下の記事を参考にして頂くと幸いです。

色んなドローンメーカーがマイクロドローンやレース用ドローンなど様々なジャンルのドローンを市場投入しています。

GEPRCは中国メーカーで最近、以下のようなドローンも出していて個人的に気になっています。

そんな中で、GEPRCからCineEyeというCinewhoopが出ていたので気になったのでレビューしてみました。

CineEye HDレビュー

仕様

まずは基本仕様の一覧を見てみましょう。

1番目を引くのは重量です。

バッテリーなしで50gは他のCinewhoopと比べ競争力がありますね。

軽量Cinewhoopといっても良いのではないでしょうか。

ただ軽量がゆえにGEPRCの商品紹介にもありましたが室内飛行が望ましいようです。

もちろん風が弱い日などは屋外飛行も問題ないでしょう。

因みに上記でもご紹介した元祖CinewhoopのBeta85x HDがバッテリー無しで約80gです。

フライトコントローラーGEP-12A-F4
ESC12A(BLheli_S)
モーターGR1102 10000KV
VTX25/100/200mW
カメラCaddx Baby Turtle
重量50g(バッテリーなし)
バッテリー300mAh 3Sバッテリー
対応受信機Frsky XM+ / Frsky R9mm / TBS Nano RX / Flysky A8SV2
飛行時間約4分

カラフルキャノピー5色付属

他のCinewhoopと比べた時のその他の特徴はなんといっても最初から以下のカラフルキャノピー5色が付属されているという事だと思います。

CineEye HDカラフルキャノピー

CineEye HDカラフルキャノピー

カメラはCaddx baby turtle V2

搭載されているカメラは多くCinewhoopに採用されているCaddx baby turtle V2です。

Caddx Baby Turtle

Cinewhoopなので、このカメラ一つで録画もFPVも可能です。

録画は1080P@60fps / 1080P@30fpsで、視野角もFPV の時で155°、録画で170°なので結構広い画角で撮影することができます。

カメラ角度は変更可能です。

同じくCaddxの4KカメラとしてCaddx Tarsierがあります。

詳細レビューは以下を参照頂ければと思います。

価格

CineEyeの価格はGearbestで175.26ドルで売られています。

CineEyeのGearbest売り場へ

上記のスペックでしかもカラフルなキャノピーが最初から5つ付いているので競争力ある価格になっていると思います。

Gearbestは何を隠そう私がレース用ドローンを初めて買った時のサイトです。

それ以降、愛用させて頂いているサイトです。

そのレース用ドローンHglrc-Xjb145のレビューはこちら。

なんとも懐かしい。

飛行動画

飛行動画は自分のものではありませんがドローンレビュー王御所のDrone Campsさんのものです。

飛行テストは屋外でのものになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は最近一押しのGEPRCのCinewhoop、CineEyeのレビューでした。

CineEyeのポイントをまとめますと以下になります。

  • 超軽量
  • カラフル予備キャノピー5つ付属
  • カメラはCaddx baby turtle V2で録画、FPVが可能
  • 価格が同レベルCinewhoopと比べ比較的安い

CineEyeのGearbest売り場へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました