4KマイクロドローンAnger85X 4Kの開封から外観、同封物チェック

Anger85X 4Kの同封物 CineWhoop
Pocket

スポンサーリンク

4KマイクロドローンAnger85X 4K開封レビュー

Anger85X 4Kの全体像

4K撮影できるマイクロドローンかつ価格がリーズナブルなAnger85X 4Kですが、先日、主要スペックなどをご紹介したのですが、届いたので中身の開封レビューをしたいと思います。

Anger85X 4Kの主要スペックや特徴などの詳細は以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

Anger85X 4Kの同封物

同封物の全体像

まずAnger85X 4Kの同封物の全体像はこんな感じです。

Anger85X 4Kの同封物

予備のフレーム、キャノピー、プロペラ

リーズナブルな価格設定のわりに予備のフレーム、キャノピー、プロペラがついているのはうれしいところです。

Anger85X 4Kの予備のフレーム、キャノピー、プロペラ

4KカメラLoris用一式

その他にも4KカメラのNDフィルターをふくための布(水色)や、バッテリー固定用のゴムバンド、4KカメラLoris用の設定キットなども入っています。

4KカメラLoris用一式

フレーム用クッション

他のマイクロドローンと比べ珍しいと思ったのが以下のフレーム用クッションです。

フレーム用クッション

クッションはシール状になっていて以下のように貼り付けることができます。

ただ外で飛ばす場合は必要ないかもです。

フレーム用クッション貼り付け方

マニュアルもダウンロード可能

以下のようにQRコードを使ってAnger85X 4Kのマニュアルをダウンロードすることができます。

マニュアルダウンロード用QRコード

QRコードを読み込むと以下のようなマニュアルが見れます。

若干、日本語も併記されているようです(というか、マニュアル読んでいませんが。。)

Anger85X 4Kのマニュアル

USBケーブル

このUSBケーブルも他のマイクロドローンに比べると珍しい形状をしています。

機体に差し込む側をよく見てみると、金属のコネクター部がかなり長いですね。

Anger85X 4KのUSBケーブル

実際に機体に差し込んでみると以下のような感じになります。

(テストフライト後なので機体がきたなくてすみません。)

それでもプラスチック部がプロペラにあたっていますが。。。

USBケーブル差し込み方

ということは、他のマイクロドローンに使うような金属のコネクター部が短いUSBケーブルはAnger85X 4Kには使えないというわけです。

Anger85X 4K外観チェック

それではAnger85X 4Kの外観を見ていきましょう。

私自身、Geelangのドローンは初めて買ったので、これがGeelangのデフォルトの組み立て方かは分かりませんが、面白い組まれ方だなという印象でした。

キャノピーの外し方

まずは以下のようにカメラを外さないとキャノピーを外すことができません。

カメラを外した後に赤丸のネジを外すという順番です。

その他、2本のネジは普通に外せます。

4KカメラLorisのボード

キャノピーを外すと4KカメラLorisのボードが見えます。

Anger85X 4Kで撮影したものを記憶させるSDカードの差込口もここにあります。

フライトコントローラー

4KカメラLorisのボードを外すとフライトコントローラーが見えます。

この下にESCボードがありますが裏からアプローチもできます。

バッテリー部

裏面にいきまして、バッテリー固定用のゴムバンドが見えます。

一般的にはマジックテープでバッテリー固定しますが、Anger85X 4Kはゴムバンドで固定されるタイプです。

このゴムバンドは強力なのでバッテリーをしっかりと固定できます。

私の手持ちの3S、4Sバッテリー両方ともしっかりと固定できました。

ESCおよび受信機

バッテリー固定用のプレートを外すと以下のように受信機やESCボードが見えます。

私の場合、受信機はAC900というもので、フタバやFrskyの両方のプロポで使えるものです。

最近プロポをフタバの16SZにしたばかりだったので、このAC900受信機とのバインドに手こずりましたが、なんとかバインド成功しました。

AC900とフタバプロポとのバインド方法はどこかでご紹介したいと思います。

【追記】

AC900と私が持っているフタバプロポ16SZのバインド方法の記事を作りました。

バインド方法の動画解説ありです。

フタバ製ドローン用のおすすめプロポや、私が購入した16SZについては以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

4KカメラLorisのNDフィルター

これも他のマイクロドローンに比べて珍しいところですが、Anger85X 4KにはNDフィルターが標準装備されています。

以下は、そのNDフィルターを外した状態です。

NDフィルターの装着部は3Dプリンターで作られていて、カメラにねじ込んで取り付けられているため、簡単に着脱できます。

Anger85X 4Kのカメラ部

これだけ多くの付属品が付いてるAnger85X 4Kですが、一つ欲を言うと、NDフィルターの予備も欲しかったです。

このNDフィルターはガラス製になっているため、墜落時に以下のように割れてしまいました。

Anger85X 4KのNDフィルター

Loris 4K用のNDフィルターは以下のように別売されていますが、今後のことも考えてプラスチック製のNDフィルターを自作しようかと思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は4K撮影できるマイクロドローンのAnger85X 4Kの開封から同封物、外観チェックなどをご紹介しました。

4K撮影できるマイクロドローンが2万円以下で買えるので、他に比べてかなりリーズナブルな価格設定だと思います。

Anger85X 4Kは以下のBanggoodやMakerfireで購入可能です。

BanggoodでGEELANG Anger 85X 4K HDを見てみる

MakerfireでGEELANG Anger 85X 4K HDを見てみる

その他の4KカメラLoris搭載のドローンまとめは以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

★★★★あなたの1票がブログ更新の励みになります★★★★

この記事が気に入っていただけたらブログランキングに投票頂けるとブログ更新の励みになります(^^♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村


ドローンランキング

本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

ドローン開発者に必要なプログラミングスキルあります
AI プログラミング 6ヶ月長期コース ~ 最短でAIの最先端へ

受講者(20代後半~40代)の多くが専門実践教育訓練給付金制度を使用して、実質70%オフで受講可能。Python、数学の基礎から、環境構築、AIアプリケーション開発まで一気通貫で行います。オンデマンドの講義 + プロの講師に質問し放題、定期的なメンタリング付き。すべてオンラインなので全国どこからでも参加可能です。

無料テキストで基礎から学べる

Python含め15種類のプログラミングが無料で体験可能です。就職サポートも有り「初心者向けのコース」が充実しています。オンラインで全国どこからでも受講できる初心者向けのスクールです。

時代はAI!Python特化型プログラミングスクール

Pythonコースで人工知能や機械学習といった最先端の分野を重点的に学習することが可能。6ヶ月間の密度の濃いカリキュラムにより、本気でやりたい方が世の中に必要な人材として成長ができる。

CineWhoop
スポンサーリンク
FPV Takaをフォローする
マイクロドローン・レース用ドローン・空撮の楽しさを感じるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました