レース用ドローンへ搭載できるGPSやBetaflight設定など

ドローンへGPS搭載レース用ドローン

レース用ドローンへGPS搭載してみようと模索中です。

海外にも色々とこの事例があり、GPSの種類や搭載手順をざっくりですが、少し調べた事を残しておこうと思います。

はじめに

私の周りでもレース用ドローンにGPS搭載する方が増えてきまして、私もやりたいなーと思っています。

まずは、なんでレース用ドローンにGPS搭載したいかを先日投稿してみました。

日本での本事例はまだ多くない?と思い、少し海外のサイトを調べてみました。

今回は、その内容を備忘録として残しておこうと思います。

GPS搭載のメリット

FPVゴーグルに有益な情報を表示させ、適宜確認することができます。

たとえば、ドローンの位置、離陸ポイント(ホームポイント)までの距離や方向、スピード、また墜落してしまったときにドローンを探す手がかりにもなります。

GPSの種類

GPSの一例として海外サイトで、以下のGPSが紹介されていました。

 

Dual BN-220 NEO-M8N GPS

これは、Banggoodで11ドルぐらいで売られてます。

(画像からBanggoodに飛べます)

GPSって、これぐらいの値段で買えるんですね!正直イメージしていたより安い!

サイズも22mm×20mm×6mmで重さは5.3g。

これはGPSを搭載するスペースが限られている時に小さいサイズで良いかなと。
なんとなくGPSというと、高等な技術で、価格も高いと思ったんですが少し意外でした。

Beitian BN-880 Flight Control GPS

上記より大きいタイプとしてはこちら。コンパス内蔵です。

Banggoodで17.82ドルで売られています。

(画像からBanggoodに飛べます)

サイズは、28mm x 28mm x 10mm、重さは10g。

GPS選びの注意点

GPSに搭載されているチップではM7Nという古いタイプのチップでなくM8Nのチップを使うことが重要のようです。

これは、M8Nが同時に2つの衛星を見ながらGPS修正を素早く行うようで、より正確に位置補正をしてくれるようです。

フライトコントローラーの種類

Betaflightを使ってGPS設定をする場合は、フライトコントローラー(FC)も新しいF4かF7が必要になるとのこと。

これらのGPSのほとんどが事前設定されているようで、フライトコントローラーに繋ぐだけで機能するようです。

ただ繋ぐだけということですが、GPSの線をFCのどこに接続するかは事前に調べる必要がありそうです。

私も搭載するときには事前に調べようと思っています。

Betaflightの設定

ポート設定

GPSをフライトコントローラーに接続(はんだ付けなど)したら、次はBetaflightでのGPS設定になります。

これも今のところザックリ書いておきますが、Betaflightのポート設定の箇所で空いているUARTにGPSを割り当てます。

コンフィギュレーション

次にコンフィギュレーションでGPSを有効にし、プロトコルでUBLOXかNMEAを選択します。

通常はUBLOXを選択のようですが、これがだめならNMEAを選ぶようです。

自動設定を有効にして、Betaflightを再起動します。

GPS有効の確認

上記のやり方でFCへの接続やBetaflightの設定が正しく行われるとBetaflightの上部のGPSインジケーターが点灯するとのこと。

GPSの搭載場所

GPSへの干渉を防ぐためにもVTXアンテナとは離して、かつ上空に対しGPSが面直になるように搭載したほうが良いようです。

GPSへの追加センサー

基本的に追加センサーは必要ないようですが、必要であればバロメーター(気圧計)やコンパス(ドローンの向いている方向を把握する)を追加するようです。

まとめ

私自身、GPSについて調べ中で変な事を書いている可能性は大いにありますが、今回は海外サイトの情報をもとにGPS搭載について調べた事をまとめておきました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

★★★★あなたの1票がブログ更新の励みになります★★★★

この記事が気に入っていただけたらブログランキングに投票頂けるとブログ更新の励みになります(^^♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村


ドローンランキング

本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

ドローン開発者に必要なプログラミングスキルあります
AI プログラミング 6ヶ月長期コース ~ 最短でAIの最先端へ

受講者(20代後半~40代)の多くが専門実践教育訓練給付金制度を使用して、実質70%オフで受講可能。Python、数学の基礎から、環境構築、AIアプリケーション開発まで一気通貫で行います。オンデマンドの講義 + プロの講師に質問し放題、定期的なメンタリング付き。すべてオンラインなので全国どこからでも参加可能です。

無料テキストで基礎から学べる

Python含め15種類のプログラミングが無料で体験可能です。就職サポートも有り「初心者向けのコース」が充実しています。オンラインで全国どこからでも受講できる初心者向けのスクールです。

時代はAI!Python特化型プログラミングスクール

Pythonコースで人工知能や機械学習といった最先端の分野を重点的に学習することが可能。6ヶ月間の密度の濃いカリキュラムにより、本気でやりたい方が世の中に必要な人材として成長ができる。

レース用ドローン
スポンサーリンク
FPV Takaをフォローする
マイクロドローン・レース用ドローン・空撮の楽しさを感じるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました