2018-12

スポンサーリンク
ドローン情報

DJIドローンのパノラマ・360度球面撮影方法と注意点

DJIドローンの水平、垂直のパノラマ撮影や360度パノラマ球面撮影(スフィアモード)のやり方をご紹介します。
ドローン情報

DJIドローン2種類のアクティブトラックの違いと操作方法

DJIドローンには自動追尾機能(アクティブトラック)という、被写体を自動で追尾してくれるという素晴らしい機能が搭載されていますが、この機能にはそもそも2種類の機能があるのをご存知でしたでしょうか? この違いを理解しているとDJIドローンでの撮影が更にレベルアップするので、この2種類の違いについてご紹介したいと思います。
レース用ドローン

初心者でもできたレース用ドローンFPV飛行の練習方法

今回はドローン初心者がFPV飛行ができるようになる練習方法をご紹介したいと思います。私もまだまだ初心者の部類なので偉そうなことは言えませんが、絶対無理だろーと思っていたFPV飛行ができるようになったので、その練習方法についてご紹介します。
ドローン情報

ドローンで運動会を撮影する前に知っておくべきこと

我が子が運動会で活躍する姿をドローンで撮影したいと思ったことはないでしょうか? その際に知っておくべきことについてまとめてみました。
TinyWhoop

1つのプロポを複数ドローンで共用して使う方法

一つのプロポでレース用ドローンやTiny whoopなど複数のドローンを操作したいということがあると思います。 今回は、そのやり方をご紹介します。
TinyWhoop

Tiny Whoopやドローンレースが上手くなる3つの練習方法

Tiny Whoopを楽しむ必要アイテムが揃ったら、まずは飛ばして遊んでみましょう。 ですが中々最初は上手く飛ばせないもの。そんなとき練習あるのみですが、ここでは個人や仲間で、また屋内外で楽しく練習する3つの方法をご紹介します。
ドローン情報

DJI SparkおすすめSDカードと取り付け方

ドローンで撮影した映像の保存先として必ずSDカードが必要になってきます。 ただ、どんなSDカードを買えばよいのか?ドローンを始めたばかりの時は分からないもの。 今回は私がDJI Sparkのために購入したSDカードや、そのほかSDカードに関する情報をシェアしたいと思います。
CineWhoop

どんなドローンでも1つのプロポでOK?夢のプロポJumper T8SG V2 Plusについて

ドローンを飛ばすためにはプロポごとに通信プロトコルという規格があり、そのプロトコルごとにプロポが必要になります。一つのプロポで全てのドローンが操作できないのかと、ドローン初心者の方は、感じるのではないでしょうか?今回はマルチプロトコルであるJumper T8SG V2 Plusについてご紹介します。
ドローン情報

事前に知っておきたい!アメリカの観光地や国立公園でドローン飛行させていいの?

ドローンの個人への急速な普及に伴いアメリカの有名観光地や国立公園でのドローンの使用を禁止しています。今回ご紹介するアメリカのドローン禁止になった場所は日本からの観光客も多く、有名な場所なので間違ってドローンを飛ばしてしまわないように共有しておこうと思います。
TinyWhoop

ドローンのBetaflight設定をスマホでできる便利ツール Speedy Bee!

一般的には、ベータフライトをパソコンにインストールし設定していきますが、本来はドローンを飛ばす現場でベータフライトで設定を微調整したいはず。そこで今回、パソコンでなくスマホでベータフライトの設定ができるという待っていました!という言葉しかでない、Speedy Beeというアプリをご紹介したいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました