Mavic Mini購入者が気になるアンテナブースターの使用は違法なのか?

Mavic Miniアンテナブースター2 DJIドローン
【自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール】

【Banggoodドローン関連の最新クーポン】

banggoodクーポン


スポンサーリンク

はじめに

ドローンの飛行距離を伸ばしたり、電波の受信感度を上げるための道具としてアンテナブースターというものがあるのをご存知でしょうか?

ドローンは機体と送信機を電波で繋ぎ、送信機で操作しますが、その電波を干渉する障害物がある場所では電波が途切れたりする事があります。

私も経験ありますが、そういう時って非常に焦ったりします。

そういった経験をした事がある人にとっては電波の受信感度を高められるものが存在するのなら、それにすがりたいですよね?

特にドローンを始めた人にとっては買ったばかりのドローンの電波が途切れてロストしてしまうのは悲しいことです。

先日もDJIからMavic Miniが発売され、発売以来大人気ですが、これを機にドローンを購入しようという人も多いのではないでしょうか?

今回はドローン初めての方や、ドローンの飛行距離を伸ばしたい方、電波途切れた経験をした事がある方がすがりたくなるアンテナブースターについて、その効果とこれを使用する事が法的に違反にならないのか?などを書いてみたいと思います。

これは欲しくなる!アンテナブースターの効果

アンテナブースターとは以下のようにドローンの送信機のアンテナに装着する事で電波の方向性を絞る事で電波の指向性を高めるものです。

Mavic Miniアンテナブースター2 Mavic Miniアンテナブースター1

インターネットで検索して頂くと分かるのですが色々な方がアンテナブースター使用前後で効果を比較されていて、『電波が途切れない、飛行距離が伸びた』など効果は絶大なようです。

アンテナブースター使用方法

アンテナブースターの効果をしっかりと享受するためには、いつもアンテナの腹を機体に向ける必要があります。

アンテナを向けるのが忘れやすい真上もアンテナの腹を機体に向けた方が良いです。

ドローンの操縦に必死になりすぎてこれを忘れるので注意しましょう。

アンテナブースターは違反になるのか?

通常、ドローンの送信機は送信機本体の構造も含めて技適をうけているので、それを逸脱する改造は電波の質に影響を与える恐れがあるので、検査なしに使用する事はできません。

なので技適などがない海外で使用する分には問題ないとは思いますが国内で使用するのは厳密にはNGになるようです。

海外旅行する際に使用できるかも、という感じだと思います。

ただ海外で使用する際もその国のドローン規制をよく確認した上で使用する事をオススメします。

なんか規制ばかりで日本ではドローン楽しめないですねー(>_<)

個人的にはDJIから技適合格した純正のアンテナブースターを販売して欲しいなと思うのは私だけでしょうか?

ニーズあると思うんだけどなー。

アンテナブースターを自作した人もいる!

海外では以下のようなMavic Mini用の自作アンテナブースターの事例もありました。

Mavic Mini自作アンテナブースター

何でもありで面白いですね。

アンテナブースターの購入方法

アンテナブースターを使いたいという場合は、アマゾンで購入できます。

このブースターはMavic Miniだけでなく、Mavic Air、Mavic2、スパークとオールマイティです。

ファントム用のアンテナブースターは以下です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アンテナブースターについては日本でもネットで様々な事例が紹介されていますが私の知る限りですと技適が取られた送信機に対し、それを逸脱した改造という事でNGの見解です。

ただドローン規制は刻々と変わっていますし、今のルールも将来変更になる可能性はあります。

なので各自、最新のドローン規制を確認するようにしましょう。

その他のMavic Miniについての記事は以下を参考にして頂けると幸いです。

Mavic Miniのバッテリーの秘密とは?海外・日本仕様の違い、使い方、購入方法
Mavic Miniのバッテリーには日本仕様と海外仕様の2種類があるんです。ここではこのバッテリーの仕様による違いや、ちょっとした裏技についてご紹介したいと思います。
絶対お買い得!Mavic Miniの価格・仕様を他機種と比較レビュー
DJIから久しぶりの新商品投入がありました。その新商品についてはスパーク2、Mavic Mini、Mavic Airの後継機など色々と言われていましたが、MavicMiniとして売り出されました。本記事ではこのMavic Miniについてレビューしてみましたのでご紹介したいと思います。
MavicMiniなど小型ドローン購入者必見!200g未満のドローンの規制まとめ
日本では200g未満のドローン(Mavic Miniも該当)には小型無人機等飛行禁止法というものが適用されます。今回はこの小型無人機等飛行禁止法について初心者の方にも極力分かりやすく説明してみました。
Mavic Miniを買う前に知っておくべき4つのマイナス面
Mavic Miniは素晴らしいドローンですが中にはマイナス面もあります。買ってしまってから後悔してもいけないので、本記事ではMavic Miniのマイナス面に絞ってご紹介させて頂きます。
Mavic Miniが水の上に浮く?水上離着陸用アクセサリーレビュー
Mavic Miniのアクセサリーとして水上にMavic Miniを離着陸できるという優れものアクセサリーの仕様、価格、購入場所、取り付け方法、用途をご紹介したいと思います。またその他DJIドローンの水上離着陸用アクセサリーも併せてご紹介します。
Mavic MiniスタンダードとFly More コンボの違い、どっちを買うべき?
スタンダードタイプとFly More コンボのどっちを買えばいいの?と迷う方もいるのではないでしょうか?今回はこの2つの価格や付属するアクセサリーの違いなどをドローンが初めての方にもわかりやすく比較し、どちらを買うべきか提案したいと思います。
Mavic Mini購入時にDJI Care Refreshも必要か?保証内容や注意点は?
Mavic MiniなどDJIドローン購入時にこのDJI Care Refreshを購入すべきか決められるようにDJI Care Refreshの内容やメリット、注意点を分かりやすくまとめたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました