【保存版】Mavic Mini一緒に買いたいおすすめアクセサリー完全ガイド

DJIドローン
ドローンエンジニア募集

Banggoodドローン関連の最新クーポン

banggoodクーポン


スポンサーリンク

はじめに

19年10月末に発売されて以来、大人気のDJI Mavic Miniですが高性能でありながら日本のドローン規制対象外の重量199gという驚きの数字と共に登場し、私の周りでもかなりの人が購入しています。

Mavic Miniの詳しいレビューは以下をどうぞ。

そんなMavic Miniですが専用アクセサリー類も続々と発売されています。

このアクセサリーですが意外と知らないものもあり、かゆいところに手が届いたものも多いです。

今回はこのMavic Mini用アクセサリーを私の知る限りのものをご紹介させて頂きます。

皆様のドローンライフの一助になれば幸いです。

Mavic Mini用アクセサリー

ドローンケース

Mavic Mini用ケースですがソフトケースからハードケースまで色々とあります。

Fly More コンボに付いてくるケースはソフトケースなのでハードケースも新鮮で良いですね。

飛行機で海外旅行する時はハードケースの方が安心できて良いですね。

このハードケースですが色んな種類が売られています。

中にはお洒落なものもあり、こういうケースにMavic Miniを入れて持ち歩きたいなと思わせるものもあります。

それらの中から私の周りで購入者が多いものに絞ってご紹介します。

Aliexpressが安いですねー。

AliExpress.com Product – Waterproof Safety Box Explosion-proof Portable Carrying Case for DJI Mavic Mini Drone – Orange

低ノイズプロペラ

Mavic Mini専用の低ノイズ、カラフルなプロペラです。

mavic mini低ノイズプロペラ

低ノイズなだけにバッテリーの持ちも良くなると評判です。

アマゾンでも買えるようですがかなりわりだかになっているので以下のAliexpressでの購入をおすすめします。

AliExpress.com Product – 2 Pairs Quick Release Colorful Low Noise 4726F Configuration Blades Propellers Drone Props for DJI Mavic Mini Drone Accessories

Mavic Miniのプロペラ交換方法は以下のDJIサポートページを参考にしてみてください。

プロペラホルダー

大事なMavic Miniのプロペラを保護してくれるホルダーです。

プロペラはドローンの重要な部品の一つ。

私もレース用ドローンでも経験していますが傷ついたプロペラを新しいものに替えたらドローンの飛びが良くなったりします。

なのでMavic Miniのプロペラも大切に保護したいもの。

こちらはアマゾンでもお安く売られていました。

プロペラゲージ

Mavic MiniのFly More コンボには360度プロペラガードが付いていますが、DJI公認のサードパーティからプロペラゲージというものも販売されています。

純正の360度プロペラガードより機体も含めてガードしてくれるので室内で飛ばす時により安全に機体とプロペラを保護してくれるでしょう。

また耐久性ある素材を採用し、衝撃に強い設計になっています。

バッテリー

ドローンを飛ばしていると必ず必要なのがバッテリー。

確実に予備バッテリーが必要になるので購入しておきましょう。

Mavic MiniにもFly More コンボというお得なセットがあり、これを最初に買えば全部でバッテリーが3つ付いてくるのでオススメです。

Mavic Miniのバッテリーは1つで約18分のフライトが可能です。

ドローンでの空撮が慣れてくると予備バッテリーが必要になります。

最初のうちは3つぐらいあればよいでしょう。

以下から購入できます。

またMavic Miniのバッテリーには海外仕様がありまして、これにするとバッテリー容量が2400mahに上がり飛行時間も約30分になります。

因みに日本仕様のバッテリー容量は1100mahになります。

ですが、Mavic Miniの売りである重量199gが249gになってしまい、日本のドローン規制の対象になってしまいます。

詳細は以下の記事を参考にして頂ければと思いますが、海外旅行時などで使うために持っておくのなら良いでしょう。

その際も旅行先の国のドローン規制は確認しておく必要があります。

Mavic Miniの海外仕様バッテリーは以下から購入できます。

さすがに海外仕様のバッテリーということで国内で売られているものは非常に高く価格設定されています。

以下は海外のAliexpressというサイトで売られているMavic Miniの海外仕様バッテリーになります。

私もAliexpressをたまに利用しますが普通に商品が届きますので私としては信用しているサイトになります。

AliExpress.com Product – 2 pcs 2400mAh for DJI Mavic Mini intelligent Batteries DJI Mavic Mini Drone Original Accessories

マルチバッテリー充電ハブ

充電器が増えてくると一度に複数のバッテリーを充電する必要があります。

そんな時に重宝するのがマルチバッテリー充電ハブです。

これ一つで4つのMavic Mini用バッテリー、Mivic Mini用コントローラー、スマホまでも充電できてしまう優れものです。

モバイルバッテリー

Mavic Miniもモバイルバッテリーを使ってUSB経由で充電することができます。

一般的に人気なのが以下の2つで容量は共に10000mahです。

Philipsは、満充電状態でiPhone Xへ充電回数は約2.5回、iPhone8へ約4回、Galaxy S8へ約2.4回、iPadへ約1.2回フル充電できます。

バッテリー自体へは約6時間で満充電できます。

Ankerは、iPhone 11 / 11 Proに約2回、iPhone XS / Xに約3回、Galaxy S10に2回以上、iPad Pro (2018, 11インチ)に約1回、充電できます。

Mavic Mini Part 19 Charging Base

機体を充電でき、ケースを通してMavic Mini本体をディスプレイとして飾ることができるお洒落なMavic Mini用の充電ベースです。

Mavic Mini用充電ベース

LEDライト

Mavic Mini用のLEDライトです。

あまり夜間の飛行はないとは思いますが、このライトがあれば暗闇もへっちゃらですね。

mavic mini ledライト

おなじみAliexpressでお安く購入できます。

AliExpress.com Product – Mavic MINI drone LED lights Night Flight Searchlight CRRE-Q5 Flashlight for dji mavic mini drone Accessories

水上フローター

水上にMavic Miniを離着陸させられる優れもののアクセサリーです。

Mavic Mini水上離着陸用アクセサリー

もう釣り好きの私にとってはワクワクが止まりません。

これがあることを知っていればカヤックフィッシングを追尾機能で撮影した際に無茶せずにすんだのですが。。

この水上離着陸用フローターの詳細レビューは以下を参考にして頂けると嬉しいです。

アンテナブースター

ドローンの飛行距離を伸ばしたり、電波の受信感度を上げるための道具としてアンテナブースターというものがあるのをご存知でしょうか?

以下でご紹介するアンテナブースターはMavic Miniだけでなく、Mavic Air、Mavic2、スパークとオールマイティです。

ND/PLフィルター

意外と知られていないのがこのND/PLフィルターというものです。

カメラ好きの方は知っている方も多いのですがドローン好きには、まだ馴染みがないようです。

簡単に言うと光の濃度を調整するフィルターです。

因みにNDとは、ニュートラル・デンシティー、PLとはポラライズド・ライトの略になります。

具体的な各フィルターの効果としては水面を撮影したり晴れた日中に撮影する場合、NDフィルターをつける事で光の強さを均一に吸収し、光の変化を最小限に抑え、PLフィルターは反射光を除去し、被写体の本来の色を再現できます。

これらの効果で、より綺麗に撮影できるという訳です。

ND/PLフィルターのより詳細は以下の記事も参考にして頂ければと思います。

AliExpress.com Product – 4pcs ND Lens Filters For DJI Mavic Mini ND 8 16 32 64 PL Set Filter Filter Kit for DJI Mavic Mini ND8 ND16 ND32 ND64 PL

ランディングギア

Mavic Miniは機体の構造上、着地すると地面からの距離が近いです。

もしデコボコの地面に着地しようものなら機体に傷がついたり、カメラのシンバルに衝撃を与えて壊してしまいそうです。

そんな時に役立つのがランディングギアです。

ランディングギアにも色々ありますが中でも以下のDJI公認のサードパーティのPGYTECHのランディングギアが人気です。

PGYTECHランディングギアは、機体を25mm持ち上げることができます。

「クイックインストール」機構というものを採用しており、ランディングギアを取り付けたままMavic Miniを折りたたむことが可能です。

また、底部にシリコンパッドも採用していて着陸時の衝撃を吸収してくれます。

モニターフード・サンシェード

DJIドローンのほとんどが以下のように送信機(コントローラー)にスマホを付けてドローンを操作します。

DJI送信機とスマホ

この時一番ストレスなのが太陽の光でスマホ画面が見えづらいということではないでしょうか?

スマホ画面にはドローンからの映像や各種操作をするための画面が映るため、はっきりと目視したいものです。

そんな時にスマホ画面を太陽光から守り影を作ってくれるのがモニターフードです。

サンシェードと呼ばれたりもします。

もちろんMavic Mini用のモニターフードも続々と発売されています。

以下がその中から人気のモニターフードになります。

実際にスマホにフードを取り付け、送信機に装着すると以下のような感じです。

DJIドローン用スマホフード

スマホとフードのみだと以下。

DJIドローン用スマホフード1

これらフードはお使いのスマホやタブレットの大きさに合わせて購入する必要があります。

上記のアマゾンで売られているAnbeeのフードにも各種サイズが揃っているのでご自分のデバイスの大きさに合ったフードを購入するようにしましょう。

風速計

Mavic Miniは199gと軽量なだけに風には気を付けたいもの。

本当に風はドローンの大敵なんです。

そんな場合はドローンユーザ必需品の風速計があります。

何度か測定していくうちにMavic Miniがどの風速まで耐えられるかが分かってくると思います。

クリエイティブキット

自分オリジナルのMavic Miniにするためにマーカーやステッカーを使って自由にMavic Miniのボディをデザインできるキットも売られています。

以下がDJI公式からのクリエイティブキットの紹介動画になります。

その他のMavic Miniデコレーションキットを以下の記事にまとめてみました。

ホント色んな種類がありますねー。

純粋にワクワクします!

その他のMavic Mini記事

その他のMavic Miniに関する記事は以下を参考にして頂けると幸いです。

Mavic MiniスタンダードとFly More コンボの違い、どっちを買うべき?
スタンダードタイプとFly More コンボのどっちを買えばいいの?と迷う方もいるのではないでしょうか?今回はこの2つの価格や付属するアクセサリーの違いなどをドローンが初めての方にもわかりやすく比較し、どちらを買うべきか提案したいと思います。
MavicMiniなど小型ドローン購入者必見!200g未満のドローンの規制まとめ
日本では200g未満のドローン(Mavic Miniも該当)には小型無人機等飛行禁止法というものが適用されます。今回はこの小型無人機等飛行禁止法について初心者の方にも極力分かりやすく説明してみました。
Mavic Miniを買う前に知っておくべき4つのマイナス面
Mavic Miniは素晴らしいドローンですが中にはマイナス面もあります。買ってしまってから後悔してもいけないので、本記事ではMavic Miniのマイナス面に絞ってご紹介させて頂きます。
Mavic Mini購入時にDJI Care Refreshも必要か?保証内容や注意点は?
Mavic MiniなどDJIドローン購入時にこのDJI Care Refreshを購入すべきか決められるようにDJI Care Refreshの内容やメリット、注意点を分かりやすくまとめたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はMavic Miniのアクセサリーをご紹介しました。

アクセサリー類はドンドン新しいものが登場してくるので随時更新してきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました