録画可能な小型ドローンBeta65X HDの徹底比較レビューとバインド方法

beta65x hd徹底レビューCineWhoop

手のひらサイズで家の中でも安心して飛ばせるマイクロドローン!

その中でも、ひときわ軽量で、さらにフルHDで動画も録画できてしまう大人気のBeta65X HDをご紹介します。

開封レビューだけでなく、競合機種であるMobula6 HD(こちらも大人気)と性能など徹底比較も行いました。

またテストフライト動画や、私が持っているフタバ16SZとのバインド方法の動画も掲載しています。

おいおいBeta65X HDのBetaflightの各種設定、カメラのブラックアウト対策についても紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Beta65X HDを競合機種と徹底比較レビュー

Beta65X HDの購入を考えている方は、競合機種のMobula6 HDのどちらを購入しようか悩むと思いますので、その2機種の主な性能比較から見ていきたいと思います。

 Beta65X HDMobula6 HD
ブランド名BetaFPVHappymodel
価格約18000円約13200円
サイズ80mm×80mm×40mm80mm×80mm×40mm
重量(バッテリー無し)30g27g
 モーター0802 14000KVEX0802 19000kv
プロペラHQProp 31mm 3-blades props 1.0mm shaft holeGemfan1219-3
フライトコントローラーF4 AIO 2S FCCrazybee F4 Lite
ESC1-2S 5A ESCEFM8BB21にアップグレードされたMCU
 受信機DSMX/FUTABA/FrSky LBT/Frsky FCC/TBS Crossfire Frsky/Flysky/DSMX/TBS
VTX25mW VTX5.8G/25mW
カメラBETAFPV Nano HD CameraRumCam Split3-Lite
バッテリー2セル1セル
飛行時間3~4分2分半~3分

この2機種のスペックを比較すると大きな違いは、Beta65X HDの方が値段が高く、バッテリーが2セル対応になっていることでしょう。

そしてカメラですが、BETAFPV Nano HD CameraというBETAFPVの自社ブランドのカメラになっているのも気になります。

カメラについては後程、詳細を見ていこうと思います。

Beta65X HDに搭載されているBETAFPV Nano HDカメラのスペック

BETAFPV Nano HDカメラの注目すべきスペックは以下でしょう。

  • 1080P@60fpsで録画可能
  • 重量が6.8gと軽量

その他のスペックは以下になります。

センサー1/2.7″ CMOSセンサー
解像度1080P @ 60fps / 1080P @ 30fps
TV システムNTSC / PAL(OSDで切替可能)
アスペクト比16:9 or 4:3(OSDで切替可能)
FOV170°
ビデオファイルMP4
SDカード64GBサポート

Beta65X HD開封レビュー

それでは、Beta65X HDの開封レビューに行ってみましょう。

Beta65X HDのパッケージ内容

Beta65X HDの箱は、コンパクトなイメージです。

Beta65X HDの箱

Beta65X HDの箱の中はこんな感じです。

Beta65X HDのサイズにピッタリのコンパクトであるのが分かると思います。

Beta65X HDの箱の中

箱の中身を全部出すと以下のものが入っています。

  • Beta65X H本体
  • キャノピー予備
  • プロペラ予備
  • マニュアル
  • ドライバー
  • ケーブル

Beta65X HDのパッケージ内容

Beta65X HDの外観

続いて概観です。

何となく、にくめない表情ですよね。

Beta65X HDの外観

裏側はこんな感じです。

USBポートとバインドボタンが見えますね。

Beta65X HDの裏側

Beta65X HDのバッテリー周り

Beta65X HDのバッテリーコネクターはBT2.0コネクターです。

BT2.0コネクタにより、コネクタの内部抵抗を減らし、より多くの電流を効果的に流せるようになっているようです。

これにより、より強力で、より長い飛行時間が可能になります。

Beta65X HDのバッテリーコネクター

バッテリーの搭載状況です。

Beta65X HDのバッテリー搭載

バッテリーはこのように機体に固定されます。

Beta65X HDのバッテリー固定部

Beta65X HDのキャノピー内部

最後にキャノピーの内部を軽く見ておきましょう。

VTXの基盤が白色の粘着テープで固定されています。

これは初めて見ましたが、固定するにはグッドアイデアですね。

熱対策でもあるのかな?

Beta65X HDのキャノピー内部

ちょっと分かりづらいですが、マイクロSDの挿入口が見えます。

Beta65X HDのマイクロSD挿入部

BT2.0バッテリーの充電器と変換ケーブル

Beta65x HDのバッテリーのコネクターはBT2.0というタイプです。

Beta65X HDのバッテリーコネクター

ではBT2.0タイプのバッテリーはどのように充電するのでしょうか?

2つやり方があります。

1つはBT2.0用の充電器を使う、2つ目はPH2.0⇄BT2.0の変換ケーブルを使い、マイクロドローンユーザーであれば1つは持っているPH2.0充電器を使う方法です。

因みに以下はPH2.0充電器とバッテリーです。

PH2.0充電器とバッテリー

PH2.0充電器をお持ちの方はPH2.0⇄BT2.0の変換ケーブルを使うのが安上がりでしょう。

PH2.0⇄BT2.0変換ケーブルの購入はこちら

こんな感じで変換ケーブルが届きます。

PH2.0⇄BT2.0の変換ケーブル

私も今後のためにBT2.0の1セル300mahのリポバッテリー を買い足しておきました。

アマゾンで購入できます。

バッテリーはこんな感じで届きますり

BT2.0の1セル300mahリポバッテリー

箱の中は綺麗に8本のバッテリーが梱包されています。

BT2.0の1セル300mahリポバッテリーの梱包

BT2.0リポバッテリーの充電方法

先にご紹介したPH2.0充電器と変換ケーブルを使って以下のように充電できます。

緑ランプが消えたら充電完了です。

BT2.0リポバッテリーの充電方法

Beta65X HDが買えるサイトのご紹介

私はドローンユーザーご用達のBanggoodで購入しました。

Beta65X HDのバインド方法

以下はBeta65X HDと私が持っているフタバ製プロポ16SZとのバインド方法の動画になります。

Beta65x HDテストフライト動画

以下は、テストフライト動画です。

当日は強風、雪という悪天候で、風にあおられながらだったので本来のBeta65X HDの実力を出し切れていないと思いますが、まずはテストということでアップしておきます。

BETAFPV Beta65X HDテストフライト

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Beta65X HDを競合機種のMobula6 HDと比較しながらレビューしました。

マイクロドローンの中では一番小さいサイズの65で、FHDで録画できるとなると、このBeta65X HDとMobula6 HDの2択かと思います。

そして、よりパワフルに長い時間飛行したい場合は、2セル対応のBeta65X HDをおすすめします。

★★★★あなたの1票がブログ更新の励みになります★★★★

この記事が気に入っていただけたらブログランキングに投票頂けるとブログ更新の励みになります(^^♪

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村


ドローンランキング

本日もご訪問頂きましてありがとうございました。

ドローン開発者に必要なプログラミングスキルあります
AI プログラミング 6ヶ月長期コース ~ 最短でAIの最先端へ

受講者(20代後半~40代)の多くが専門実践教育訓練給付金制度を使用して、実質70%オフで受講可能。Python、数学の基礎から、環境構築、AIアプリケーション開発まで一気通貫で行います。オンデマンドの講義 + プロの講師に質問し放題、定期的なメンタリング付き。すべてオンラインなので全国どこからでも参加可能です。

無料テキストで基礎から学べる

Python含め15種類のプログラミングが無料で体験可能です。就職サポートも有り「初心者向けのコース」が充実しています。オンラインで全国どこからでも受講できる初心者向けのスクールです。

時代はAI!Python特化型プログラミングスクール

Pythonコースで人工知能や機械学習といった最先端の分野を重点的に学習することが可能。6ヶ月間の密度の濃いカリキュラムにより、本気でやりたい方が世の中に必要な人材として成長ができる。

CineWhoopマイクロドローン
スポンサーリンク
FPV Takaをフォローする
マイクロドローン・レース用ドローン・空撮の楽しさを感じるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました